富士通研、カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の動作に成功 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の動作に成功 2枚目の写真・画像

 富士通研究所は11日、カーボンナノチューブを増幅器のトランジスタ放熱素材として使用し、世界で初めて、100Wクラスの第4世代移動通信システム向け基地局用「フリップチップ増幅器」の動作に成功したことを発表した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

ダブル放熱
ダブル放熱

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【インタビュー】スタバはなぜ無料Wi-Fiを導入したか?……CEOに聞くスターバックスの成長戦略(後編)

    【インタビュー】スタバはなぜ無料Wi-Fiを導入したか?……CEOに聞くスターバックスの成長戦略(後編)

  2. JR西日本、駅ホーム上の事故防止に「カメラ画像解析」導入へ

    JR西日本、駅ホーム上の事故防止に「カメラ画像解析」導入へ

  3. Windows Vista海賊版+「自動認証ツール」を販売した男性を逮捕

    Windows Vista海賊版+「自動認証ツール」を販売した男性を逮捕

  4. 単体運用可能なネットワークカメラ、エレコムが発売

  5. オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

  6. 佐川急便・東京駅サービスセンターで、ロボット「Pepper」が接客

  7. 【マイナンバーQ&A】企業が個人事業主・フリーランスからマイナンバーを取得する基準は?<法人編>

  8. 富士通SSL、Webコンテンツ管理製品「WebコアEnterprise」の機能を強化 〜 他言語に対応

  9. 【インタビュー】クラウドソーシングで発注者と受注者の関係は逆転する!

  10. 2010年秋の叙勲、情報通信業界ではNTT元社長・児島氏が旭日大綬章を受章など

アクセスランキングをもっと見る

page top