KDDI、新潟市内の基地局に3種類の技術を組み合わせた電力制御技術 | RBB TODAY

KDDI、新潟市内の基地局に3種類の技術を組み合わせた電力制御技術

エンタープライズ モバイルBIZ

基地局第1号
  • 基地局第1号
  • 基地局第1号
  • 電力供給イメージと設備構成イメージ
  • 電力供給イメージと設備構成イメージ
 KDDIは、au携帯電話基地局に太陽光発電と蓄電池の連携、深夜電力を活用するトライブリッド方式電力制御技術を搭載し、3日に運用を開始した。第1号は新潟県新潟市内の基地局に採用した。

 トライブリッド方式電力制御技術は、太陽光パネルで発電された電力、深夜電力で蓄電池に充電された電力、商用電力の3つの電力を制御して時間帯ごとに最も効率的に基地局へ供給。CO2の排出削減を行う。同技術によって商用電力の使用量とCO2排出量を20〜30%削減する。

 太陽光パネルの架台を地面に固定する工法としては、京セラコミュニケーションシステムと共同で開発したスパイラル杭や角度調整可能な架台を採用。季節に応じた最適な角度による発電効率を実現する。

 同社では今後、トライブリッド方式電力制御技術を通信局舎やデータセンター、家庭での利用など省エネシステムへ活用することを検討していく。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top