モバイルWiMAX、2013年には420万契約に 〜 シード・プランニング予測 | RBB TODAY

モバイルWiMAX、2013年には420万契約に 〜 シード・プランニング予測

エンタープライズ モバイルBIZ

無線LAN機器市場規模予測(金額)
  • 無線LAN機器市場規模予測(金額)
  • 公衆無線LAN契約者数予測
  • モバイルWiMAX契約数予測
 シード・プランニングは9日、次世代無線LAN市場の最新動向調査と2013年までの市場予測を行った結果を発表した。

 「UQ WiMAX」などのモバイルWiMAX、「WILLCOM CORE XGP」などの次世代PHSサービスが開始され、まもなく高速・広域ワイヤレスブロードバンドの時代を迎えることが確実となっている。ゲーム機などへの無線LANの標準搭載も進みつつあり、宅内のLAN環境に対するニーズも多様化している。次世代無線LANへのグレードアップやLTE(3.9G携帯電話)との連携によるFMCサービスも開始間近だ。この調査では、無線LANの機器ベンダ、WiMAXベンダ・事業者などの取り組みをあきらかにすることによって、無線LAN機器、および関連市場の最新動向の把握把握と今後の市場拡大の可能性を分析するもので、2013年度までの市場予測が行われた。調査は、主要機器ベンダ10社へのヒアリング調査、およびその他ベンダ、サービス事業者のオープン情報収集の併用で行われ、調査期間は2009年月4月〜2009年6月末となる。

 この調査によると、無線LAN機器全体(個人向け+法人向け)の2008年度出荷金額は、新規購入、買い増し、IEEE802.11nへの買い替え需要が堅調に推移し、前年比109.3%の619億円となった。法人向け市場は、AP(アクセスポイント)の出荷が大幅に増加したが、出荷金額の低下が進行し、350億円であった。また、コンシューマ向け市場は、買い増し、IEEE802.11nへの買い替え需要、ゲーム機用途などのPC以外の利用が牽引して、前年比109.3%の269億円と伸張した。2009年度以降は、単価の低下がさらに進むため、金額の伸張率は鈍化するが、コンシューマー向け市場、法人市場ともに堅調に市場が拡大する。2013年度には、APがトータル658万台、子機が1440万台、金額で913億円に拡大するものと予測される。

 公衆無線LANの契約者数は、2008年度末323万人。2009年度以降は、公衆無線LAN基地局の着実な増加や、ゲーム機やミニPCなどの無線LAN搭載携帯端末の増加、モバイルでのアニメ、ドラマやミュージックビデオなどの映像利用ニーズの拡大により、2013年度の契約者数は930万人に拡大するものと予測される。

 モバイルWiMAXにおいては、屋外における高速で廉価なモバイルブロードとしての利用が、PCへのモバイルWiMAXデバイスの組み込みが進むことで加速すると予測された。とくに今後は、次世代PHS、LTEが競合することになり、市場拡大とともに利用者を分け合うことになるが、当面急速に拡大するだろう。2009年度は、契約者20万人が見込まれる。2009年度以降も更なる高速化が予定されており、2013年度には、契約者数420万人(3Gのデュアル端末利用を含む)、端末は単年度で200万台規模に拡大するものと予測されるとのこと。なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「次世代無線LAN市場の最新動向と将来展望 2009年版」(価格:99,750円、6月30日発刊)として同社より販売中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top