1万枚以上の画像から1秒で部分検索、富士通が技術開発 | RBB TODAY

1万枚以上の画像から1秒で部分検索、富士通が技術開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

FPGAへの部分画像検索処理の実装
  • FPGAへの部分画像検索処理の実装
  • 文書検索システムへの適用結果
 富士通研究所は2日、大量の画像の中から、部分的にでも一致する画像を高速に検索する技術を開発したことを発表した。特定機能に性能を特化させたサーバを使うことで、汎用サーバと比べて50倍以上、処理能力が向上可能とのこと。

 画像検索に必要な処理を行うアクセラレーターを、汎用デバイスであるFPGAに搭載。処理スケジューリングの最適化を行い、CPUと効率よく連携することで、サーバの性能を飛躍的に向上させることに成功した。

 試作サーバでの「部分画像検索」では、1万枚以上の画像データベースから、任意の部分に一致する画像を、1秒程度で検索できることが確認されたという。従来の汎用サーバを用いた場合は、1分以上の時間がかかっていた。今回開発したサーバと同等の検索速度を、汎用サーバを複数台使用して実現した場合と比較すると、消費電力は30分の1以下に、装置体積も50分の1以下になるとのこと。

 今後は、2016年度中の実用化を目指しす。企業などが保有する画像を含む大量文書から、目的の画像を瞬時に発見し、その結果に基づき、さらに検索を対話的に繰り返すことで、文書をすばやく検索できるといった技術が期待される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top