レノボ、高性能ノートThinkPad Tシリーズの薄型・軽量化をはかった新モデル | RBB TODAY

レノボ、高性能ノートThinkPad Tシリーズの薄型・軽量化をはかった新モデル

IT・デジタル ノートPC

ThinkPad T400s
  • ThinkPad T400s
 レノボ・ジャパンは24日、「ThinkPad Tシリーズ」の新モデルとして、薄型・軽量化をはかった「ThinkPad T400s」を発表。同社直販サイトで販売を開始した。BTOに対応し、標準構成の直販サイト価格は199,500円。

 同製品は、14.4V型ワイド液晶(1,440×900ピクセル)を採用。CPUにCore2 Duo SP9400(2.4GHz)を搭載し、最薄部が約21.1mm、重さが約1.79kg(6セルバッテリ装着時)と薄型・軽量化をはかりながらも、ハイスペック・シリーズにラインアップされた。標準6セル搭載時の駆動時間は最大6.3時間、別売りのベイ・バッテリ使用時は最大11時間の駆動が可能。

 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)をトップカバーに採用。CFRPは自転車のフレームなどにも使用される素材で、軽さと堅牢性を兼備。「ThinkPad T400」と比較して、厚さで25%減、重さで20%減を実現したという。また、レノボ・ジャパンのPCでは初めてWiMAX通信モジュール搭載モデルを用意(7月発売予定)。「Access Connections」機能により、WiMAX基地局を自動的に検出し、サービス選択やユーザー登録が可能になっている。

 操作性の面では、キーボード設計、タッチパッドにこだわった。キーボードでは使用頻度が高いDeleteキーとEscapeキーの面積を拡大。タッチパッドには、パームレストとは異なる特別な素材を使用。同社では日本の伝統工芸である「印傳」からヒントを得たとしている。また、マルチタッチ・テクノノロジーを装備。これにより、ドキュメントの容易なスクロール、移動、縮小・拡大をおこなえるという。指紋センサーで電源が入る仕組みを採用。待機/スリープ状態でもUSBポートは常にONの状態に設定可能で、バスパワーに対応する機器の充電がおこなえる。

 おもな仕様は以下のとおり。

●ThinkPad T400s

・CPU:Core2 Duo SP9400(2.4GHz)
・OS:Windows Vista Business(32ビット)ダウングレード(Windows XP Professional初期導入済み)
・メモリ:2GB(最大4GB)
・チップセット:GS45 Express
・HDD:250GB
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
・LAN:10BASE-T/100BASE-TX
・無線LAN:Wi Fi Link 5100AGN (1×2)
・インターフェース:USB2.0×2/ USBコンボ/ミニD-sub15ピン/Display Port/マイク/ヘッドホン/e-SATA/ Expressカードスロットなど
・そのほかの機能:Bluetooth v 2.1+EDR
・バッテリ駆動時間:約6.3時間
・本体サイズ:幅337×高さ25.9×奥行き241mm
・重さ:約1.79kg
《小口》

関連ニュース

特集

page top