ドコモ、HSPA対応の高性能フェムトセル基地局装置を開発 | RBB TODAY

ドコモ、HSPA対応の高性能フェムトセル基地局装置を開発

 NTTドコモは7日、現行のフェムトセル基地局装置に対して通信速度の高速化などの高性能化を図った高性能フェムトセル基地局装置を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
新しい高性能フェムトセル基地局装置
  • 新しい高性能フェムトセル基地局装置
  • フェムトセル基地局装置の仕様
 NTTドコモは7日、現行のフェムトセル基地局装置に対して通信速度の高速化などの高性能化を図った高性能フェムトセル基地局装置を発表した。

 新しい高性能フェムトセル基地局装置は通信速度の高速化のためHSPA(High Speed Packet Access)に対応。送信を最大14Mbps(従来は3.6Mbps)、受信を最大5.7Mbps(従来は384Kbps)と大幅に向上させた。また、Plug&Play機能にも対応し設置作業時間の短縮を図った。生活行動支援サービスなどのホームエリア向けサービスにも対応しており、2009年秋より運用を開始する予定。

 これまでドコモでは、住居内や店舗内など屋内におけるエリア品質を改善する目的で、フェムトセル基地局装置を運用してきたが、今回開発した装置の導入によって、自宅などで動画や音楽などの大容量コンテンツをより良好な通信環境で視聴可能となる見込み。また、在宅通知サービスや、チラシ・クーポンの配信サービスなどのホームエリア向け新サービスの提供も可能となるとのこと。なお本装置は、2009年7月22日(水曜)から東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2009」のドコモブースにて展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top