SBモバイル、1.5GHz帯におけるLTEシステムの実験試験局免許を申請 | RBB TODAY

SBモバイル、1.5GHz帯におけるLTEシステムの実験試験局免許を申請

エンタープライズ モバイルBIZ

LTEシステムの実証実験イメージ
  • LTEシステムの実証実験イメージ
  • LTEシステムの実証実験の概要
 ソフトバンクモバイルは21日、「ユビキタス特区」プロジェクトとして、総務省へ1.5GHz帯を用いたLTEシステムの実験試験局の免許を申請したことを発表した。実験免許の交付を受け次第、福岡県北九州市八幡東区内でフィールド実証実験を開始する予定だ。

 LTEは、無線伝送方式としてOFDM(Orthogonal Frequency Divison Multiplexing)変調方式を、空間多重方式としてMIMO(Multiple Input Multiple Output)無線通信技術を用いることにより、3.5世代携帯電話の方式の1つであるHSDPAに比べて、大幅なパフォーマンスの向上が図れる無線通信方式。今回の実験では、1.5GHz帯を用いたLTEフル仕様に準拠する双方向の実証実験に加えて、複数の基地局装置を一か所に集中して設置し、基地局アンテナだけをビルの屋上に配置する「光張出し基地局構成」の基礎実験や、隣接する基地局が協調して携帯電話と送受信を行う「複数基地局協調伝送方式(ECO-LTE)」の基礎実験を併せて実施する。

 実験期間は免許交付日から2010年3月31日まで。ソフトバンクモバイルは、本実験を通して取得したノウハウや測定データを活用することで、商用サービスに向けた準備をさらに進めるのが狙いだとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top