富士通研、カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の動作に成功 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の動作に成功 1枚目の写真・画像

 富士通研究所は11日、カーボンナノチューブを増幅器のトランジスタ放熱素材として使用し、世界で初めて、100Wクラスの第4世代移動通信システム向け基地局用「フリップチップ増幅器」の動作に成功したことを発表した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来の配線方式(左)とフリップチップ構造(右)
従来の配線方式(左)とフリップチップ構造(右)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  2. ヤフー、新メールドメイン「@yahoo.ne.jp」の運用を開始……アプリ専用で提供

    ヤフー、新メールドメイン「@yahoo.ne.jp」の運用を開始……アプリ専用で提供

  3. 農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

    農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

  4. 【視点】三重県の町工場から生まれた「魔法のフライパン」の開発秘話

  5. ドン・キホーテ、独自の電子マネー「マジカ」導入へ

  6. ドローンへのワイヤレス充電が可能に!日本電業工作とエンルートが実証実験

  7. タッチパネル対応スライド携帯「docomo STYLE series P-02B」発売

  8. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  9. 北陸の伝統工芸「金沢箔」を手がける箔一の海外戦略とは

  10. 日立、改正省エネ法への対応を支援する「EcoAssist-Enterprise-Light」を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top