富士通研、カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の動作に成功 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の動作に成功 1枚目の写真・画像

 富士通研究所は11日、カーボンナノチューブを増幅器のトランジスタ放熱素材として使用し、世界で初めて、100Wクラスの第4世代移動通信システム向け基地局用「フリップチップ増幅器」の動作に成功したことを発表した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来の配線方式(左)とフリップチップ構造(右)
従来の配線方式(左)とフリップチップ構造(右)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 安否確認サービス「Safetylink24」、スマホアプリに対応

    安否確認サービス「Safetylink24」、スマホアプリに対応

  3. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  4. トレンド予測“ハイテク教育の黎明期”… ICT機器がもたらす教育改革

  5. “行先階を予約”して効率化、日立の新エレベーター管理システム

  6. 丸でも三角でも雲形でも……シャープ、ディスプレイ形状を自由に作れる技術開発

  7. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  8. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  9. 【SS2015速報リポート037】キヤノン、「これからの画像解析技術」から見えてくる今後の活用事例を参考出展

  10. BBSec、セキュリティオペレーションセンター「G-SOC(ジーソック)」サービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top