富士通、「Green Policy Innovation」を強化 〜 今後4年で1,500万トンのCO2削減 | RBB TODAY

富士通、「Green Policy Innovation」を強化 〜 今後4年で1,500万トンのCO2削減

エンタープライズ その他

グリーンITプロジェクト「Green Policy Innovation」
  • グリーンITプロジェクト「Green Policy Innovation」
  • CO2削減ポテンシャルの内訳
 富士通グループは7日、グリーンITによる顧客や社会の環境負荷低減プロジェクト「Green Policy Innovation(グリーン・ポリシー・イノベーション)」を強化することを発表した。

 富士通グループは、2007年12月よりグリーンITの提供による顧客や社会の環境負荷低減プロジェクト「Green Policy Innovation」を開始し、日本においては2007年度から2010年度の4年間で累計700万トン以上のCO2削減に貢献することを目標に掲げ、活動を推進してきた。成果として、2007年度から2008年度の2年間で累計約223万トンのCO2排出量削減に貢献したという。今回、新たにグローバルな目標を設定し、2009年度から2012年度の4年間で累計1,500万トン以上のCO2削減を目指す。さらに富士通グループの2020年に向けた中期環境ビジョン「Green Policy 2020」の実現を目指し、低炭素で豊かな社会づくりに貢献していくとのこと。

 現在開催中の「気候変動枠組条約第15回締約国会議」(COP15)をはじめ、世界各国で温室効果ガス排出量削減に関する議論が活発化している。G8サミットにおいて共有された2050年までに世界全体の温室効果ガスの排出量を半減する目標を達成するためには、少なくとも2020年までに温室効果ガス排出量をピークアウトさせることが必要と考えられている。

 同社が強化する分野としては、先進グリーンテクノロジーを適用した、省エネルギーなITインフラ、環境配慮型データセンターによるアウトソーシングサービス、環境経営の高度化を支援する環境コンサルティングサービスなど。現在グローバルに展開しているグリーンITとしては、サーバ、ストレージ、パソコン、ネットワーク製品などの省エネルギーでコンパクトなIT機器、仮想化により省電力運用を実現するミドルウェア、エネルギー効率に優れた環境配慮型データセンターなど、ITインフラの環境負荷低減(OF IT)、および産業、運輸、業務部門など社会のさまざまな領域において、エネルギー効率の向上など環境負荷低減に貢献するITサービスやソリューション(BY IT)を提供中とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top