富士通、仮想化環境向けストレージ「ETERNUS VX700 series」を販売開始 | RBB TODAY

富士通、仮想化環境向けストレージ「ETERNUS VX700 series」を販売開始

エンタープライズ ハードウェア

ETERNUS VX710
  • ETERNUS VX710
  • ETERNUS VX740
  • 新モデルの販売価格、および出荷開始時期一覧
 富士通は9日、ストレージシステム「ETERNUS(エターナス)」において、仮想化環境に適した「ETERNUS VX700 series」の販売を開始した。

 「ETERNUS VX700 series」は、仮想化環境との高い親和性を特徴としたストレージ。仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」の統合管理をサポートする「VMware vCenter Server」との連携機能を実装。クライアント画面から、仮想化されたストレージの柔軟な割り当て、拡張、バックアップ、リストアなどの運用管理が可能となっている。

 さらに、性能やストレージ容量を容易に拡張できるスケールアウトストレージ(最大16ノードまで)となっており、ストレージボリュームの設定、運用・管理、ノード追加はGUI上で実施できる。データは自動的に各ストレージユニットに分散して、最適な領域に保存されるため、複雑な性能設計を行う必要もないという。

 今回、ノードあたり24本のディスクドライブを搭載し、1Gbit/s iSCSIインターフェースをサポートする「ETERNUS VX710」と、ノードあたり48本のディスクドライブを搭載し、10Gbit/s iSCSIインターフェースをサポートする「ETERNUS VX740」の2モデルを提供。本年8月中旬より日本国内を皮切りに出荷を開始する。価格はETERNUS VX710が984万2,000円から、ETERNUS VX740が2,205万2,000円から。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top