NEC、クラウドを利用した環境パフォーマンス管理システムを自社導入……「GreenGlobeX」として発売 | RBB TODAY

NEC、クラウドを利用した環境パフォーマンス管理システムを自社導入……「GreenGlobeX」として発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「GreenGlobeX」システムイメージ
  • 「GreenGlobeX」システムイメージ
  • 「GreenGlobeX」システムの狙いと機能ポイント
  • NECの環境ITソリューションマップ
 日本電気(NEC)は28日、自社グループにおけるエネルギー使用量や温暖化ガス排出量などの環境パフォーマンス指標の管理強化、およびシステム運用コストの削減のため、新たな環境パフォーマンス管理システムを4月に導入することを発表した。

 この環境パフォーマンス管理システムでは、全社目標値を踏まえた拠点や部門ごとの目標値を年度単位で設定し、進捗状況と対比することが可能となっている。拠点や設備単位に入力する実績データを、複数拠点に職場が分散する部門単位に組み替えて表示することも可能。今後、電力センサーやビルエネルギー管理システムなどと連携した日別、時間別のエネルギー使用量の見える化機能の導入も予定されている。

 システムのクラウド化により、海外を中心としたイントラネット未接続の拠点においても、インターネット経由で直接データ入力できる。現地単位(ガロン、フィートなど)・通貨での入力、画面の日本語・英語・中国語表示や年度・年表示にも対応する。

 NECでは、本システムの導入により、自社目標であるCO2排出量の毎年1%削減を推進するとともに、年間のシステム運用コストの従来比半減を見込んでいるという。さらに同システムを「GreenGlobeX(グリーングローブ エックス)」の名称で外販する。価格(税別)は月額15万円(100サイトの場合)で、今後3年間で100社への販売を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top