富士通、オフコン基盤をクラウド化するサービスを提供開始……リソースをIaaS型で提供 | RBB TODAY

富士通、オフコン基盤をクラウド化するサービスを提供開始……リソースをIaaS型で提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

移行イメージ
  • 移行イメージ
  • 提供価格、および提供開始時期
 富士通は3月25日、オフコンのハードウェアリソースをクラウド化し、IaaS型サービスとして提供する「FUJITSU Cloudオフコンサービス」を発表した。4月14日より提供を開始する。

 「FUJITSU Cloudオフコンサービス」は、情報システム部門のオフコン「FUJITSU Server PRIMERGY 6000」からの環境移行を想定した、IaaS型のクラウドサービスだ。富士通のデータセンター内にあらかじめ設置したサーバ、 ストレージなどのハードウェアリソースを、富士通オフコン用OS(ASP)が動作するプラットフォームとして、 ネットワーク経由で利用できる。専用のASPソフトウェアと組み合わせることで、ユーザー企業が現在保有しているオフコンシステムのアプリケーションおよびデータを、そのまま利用できる。

 ユーザーはネットワーク経由でアクセスし、必要とするオフコンシステムリソースを月額料金で利用する。また、オンプレミス環境からクラウド環境への移行をスムーズに実現する移行サービスや、クラウド環境移行後のシステム運用を支援するサービスも合わせて提供する。

 サービスは、現行オンプレミス環境のシステム規模に応じた「オフコンインフラ基本サービス」、業務量やデータ量の増減にも柔軟に対応可能な「オフコンインフラ拡張サービス」(オプション)、資産の移行を短期かつ確実に実施する「オフコン資産移行支援サービス」、運用を支援する「オフコンプラットフォーム運用支援サービス」の4つで構成される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top