富士通、RDBMS最新版「Symfoware Server V10」販売開始 〜 東証「アローヘッド」にも採用 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通、RDBMS最新版「Symfoware Server V10」販売開始 〜 東証「アローヘッド」にも採用 3枚目の写真・画像

 富士通は20日、高性能・高信頼データベースの最新版「Symfoware Server(シンフォウェア サーバ)V10」の販売を開始した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

アプリケーション開発で使用される標準言語インターフェイスの最新規格に対応
アプリケーション開発で使用される標準言語インターフェイスの最新規格に対応

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. あの名門校も導入——お母さんが発案した子ども安全連絡網

    あの名門校も導入——お母さんが発案した子ども安全連絡網

  2. DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

    DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

  3. 監視カメラで人間の精神状態を可視化……防犯監視システム「DEFENDER-X」

    監視カメラで人間の精神状態を可視化……防犯監視システム「DEFENDER-X」

  4. 日本マイクロソフト、7月1日付で社長交代……現専務の平野氏が社長就任

  5. 初期費用ゼロで導入できる「設置型デジタルサイネージ自販機」

  6. スマートフォンの便利な点・不便な点……電創堂調べ

  7. 【インタビュー】ソリトンシステムズ「手軽にBYODを実現する注目のソリューション 『Dynamic Mobile Exchange』とは?」

  8. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

  9. またもバイトテロ……はま寿司、“ハサミ天ぷら”謝罪

  10. 三井住友銀行・NEC・OKI、新営業店端末「CUTE」導入でグリーン化を推進

アクセスランキングをもっと見る

page top