マイクロソフト、「SQL Server 2008 R2」日本語プレビュー版の提供を開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、「SQL Server 2008 R2」日本語プレビュー版の提供を開始

 マイクロソフトは25日、データプラットフォーム製品Microsoft SQL Serverの次期バージョンである「SQL Server 2008 R2」の日本語プレビュー版である「SQL Server 2008 R2 CTP 11月版」の提供を開始した。

エンタープライズ その他
「SQL Server 2008」サイト(画像)
  • 「SQL Server 2008」サイト(画像)
 マイクロソフトは25日、データプラットフォーム製品Microsoft SQL Serverの次期バージョンである「SQL Server 2008 R2」の日本語プレビュー版である「SQL Server 2008 R2 Community Technology Preview(CTP)11月版」の提供を開始した。

 「SQL Server 2008 R2 CTP11月版」では、製品版に搭載される全機能を事前に検証可能となっている。SQL Server 2008 R2の主な特長としては、超大規模環境への対応、プライベート クラウド機能の提供、セルフ サービスBI機能 「PowerPivot」などがあげられる。

 超大規模並列処理(MPP)機能により数十テラ バイトから数百テラバイトまでの超大規模データを高速に処理することが可能なデータウェアハウス(DWH)専用エディション「SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouseエディション」および最大256論理プロセッサ、無制限のメモリに対応した「SQL Server 2008 R2 Datacenterエディション」が追加され、ニーズが高まる超大規模環境へ対応した。Parallel Data Warehouseエディションは、サーバやストレージなどのハードウェアとの組み合わせによるDWHアプライアンスソリューションとして提供される。Datacenterエディションでは、仮想環境において無制限で利用可能となっている。

 SQL Azureの開発で培ったクラウド コンピューティング技術をオンプレミス(自社運用)環境でも活用するための、プライベート クラウド機能を搭載。具体的には、複数のデータベース サーバを1つの仮想アプリケーション空間としてみなして一元利用できる。セルフ サービスBI機能 「PowerPivot」はMicrosoft Office Excel 2010に完全に統合され、インメモリに圧縮された多次元データベースを持つことにより大量データをデスクトップで超高速に分析することが可能になる。

 またSQL Server 2008 R2をシナリオ ベースで実証評価し、品質向上を図るプロジェクト「Center of Quality Innovation(センター オブ クオリティ イノベーション)」を、新日鉄ソリューションズ、日本電気、日本ユニシスおよび富士通の4社と共同で実施するとのこと。顧客のSIプロジェクトを想定したシナリオに対して実証評価を行い、マイクロソフト本社の製品開発チームと連携して、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターにて製品開発完了まで実施する。

 SQL Server 2008 R2 CTP 11月版は、Webサイトより無償ダウンロードが可能。なお、SQL Server 2008 R2製品版の提供開始は、2010年上半期の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top