【Interop 2015 Vol.27】シアンス・アールの時系列データベース「InfiniFlux」、クラウド提供を開始 | RBB TODAY

【Interop 2015 Vol.27】シアンス・アールの時系列データベース「InfiniFlux」、クラウド提供を開始

 シアンス・アールは10日、インメモリ型の時系列データベース「InfiniFlux」のクラウドサービス「InfiniFluxクラウド」を発表した。7月から提供を開始する。現在幕張メッセで開催中の「Interop Tokyo 2015」では、ShowNetの分析など、ライブ展示を行っている。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「InfiniFluxクラウド」の概要
  • 「InfiniFluxクラウド」の概要
  • 「InfiniFluxクラウド」サイトトップページ
 シアンス・アールは10日、インメモリ型の時系列データベース「InfiniFlux」のクラウドサービス「InfiniFluxクラウド」を発表した。7月から提供を開始する。現在幕張メッセで開催中の「Interop Tokyo 2015」では、ShowNetの分析など、ライブ展示を行っている。

 「InfiniFlux」は、インメモリ型の時系列データ処理に特化した製品。オフィスビル内の温度・湿度・電流・電力センサー、車両の速度センサー、サーバやネット機器などからデータを収集し、リアルタイムの監視・分析が可能となっている。

 「InfiniFluxクラウド」は、センサーデータや、ログデータを収集・可視化できるクラウドサービス。コア技術をクラウドサービスとして提供することで、高スペックのマシンの用意や複雑な設定は必要なく、より簡便にデータ処理が行えるという。古いデータは一次的なインメモリ利用と最適化されたインデックスを使用することにより高速処理を実現。技術者に普及しているSQL文を使っての高度な検索も可能。

 利用料金は、スタンダードプランが初期費用0円、月額費用36万円、保存データ量4TBまでなど。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top