富士通、非接触型手のひら静脈認証装置を1万円台で提供開始 | RBB TODAY

富士通、非接触型手のひら静脈認証装置を1万円台で提供開始

エンタープライズ その他

「PalmSecure-LT」スタンダードセンサー
  • 「PalmSecure-LT」スタンダードセンサー
  • 「PalmSecure-LT」マウスタイプセンサー
  • 現行製品と、今回発表の新製品および機能拡張との関連図
 富士通フロンテックおよび富士通は5日、非接触型手のひら静脈認証装置について、新製品ラインナップの販売を開始した。同時に既存製品の機能拡張も行うとのこと。

 「非接触型手のひら静脈認証装置」は、体内情報であるため偽造が困難であるほか、適用率が高く登録不可能な人がほとんどいない、非接触であるため利用者の抵抗感が少ないといった特徴を持つ。新製品「PalmSecure-LT」は、高セキュリティ性を維持しながら利用用途をPCログイン機能に特化することで、静脈認証として初の1万円台を実現したという。あわせて組み合わせて利用するスタンドアロン型、サーバ型の両方に対応するPCログインソフトウェア(「SMARTACCESS/ Premium」)、および認証データを一元管理するアプライアンスサーバ(「Secure Login Box」)、スタンドアロン型、サーバ型の両方に対応するPCログインソフトウェア製品(「PalmSecure LOGONDIRECTOR」)の提供も行われる。

 また、現行の「PalmSecure」に対し、静脈認証において世界で初めて、1:1,000の認証を高速で実現する認証機能の拡張を実施する。これにより、従来から提供している非接触機能と合わせ、多くの利用者がいる環境において、認証者のIDカードやパスワードの併用なしに、手をかざすだけで認証が可能となる見込みだ。また、この認証ライブラリ単独での1:1,000認証をベースとして、グルーピング、マルチサーバ等の技術と組み合わせることで、さらに大規模な手ぶら認証システムの構築が可能となるという。

 価格は「PalmSecure-LT」(スタンダードセンサー/セット/他)が17,500円〜、「PalmSecure-LT」(マウスタイプセンサー/セット/他)が19,500円〜。「PalmSecure LOGONDIRECTOR」については、2010年2月末の出荷を、「SMARTACCESS/Premium」および「Secure Login BOX」については、2010年6月末の出荷を、それぞれ予定。またスタンドアロンPC用にログインソフトウェアとセンサー装置「PalmSecure-LT」をセットにした製品「PCログインキット」を富士通フロンテックより提供する。同製品は、富士通フロンテックのオンラインストア「フロンテックダイレクト」より購入可能。「PalmSecure SDK」は285,000円。富士通はグループ全体で、今後3年間で100億円の売上を目指す計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top