速度制限の認知は7割、「WiMAX」が人気……新生活のネット環境に関する意識調査 | RBB TODAY

速度制限の認知は7割、「WiMAX」が人気……新生活のネット環境に関する意識調査

ブロードバンド 回線・サービス

新生活に見直したいもの
  • 新生活に見直したいもの
  • 「モバイルデータ通信」利用意向の拡大
  • モバイルデータ通信サービスのシェア
  • モバイルデータ通信サービス、今後の利用意向
  • それぞれのサービスを今後利用したいと思った理由
  • それぞれのサービスを今後利用したいと思った理由
  • 現在所有しているデバイス
  • 今後、購入したいデバイス
 スマートフォンやタブレット端末の普及によって、インターネット環境の多様化は進んでいる。イード(東京都新宿区)は、新生活シーズンにあたり、新生活(引越し)を始める予定の人に対して「新生活のインターネット環境に関する意識調査」を実施した。同調査は3回目となる。

 調査結果において、まず新生活を始めるにあたって見直したいものは、「インターネット」が例年同様1位となり、「モバイルデータ通信」の利用意向の拡大も進んでいる。モバイルデータ通信サービスの今後の利用意向は、3年連続で「WiMAX」が1位となった。なおモバイルデータ通信サービスにおける「通信速度制限」の認知度は約7割だった。速度制限を気にしているユーザーは、データ通信量のこまめな確認やWi-Fi利用で対応している。今後、購入したいデバイスの1位は「タブレット端末」となり、タブレット需要は本格的に拡大しそうだ。


■新生活に見直したいもの、モバイルデータ通信の利用意向が拡大

 新生活(引越し)に見直したいものは3年連続で「インターネット(回線事業者、プロバイダーを含む)」(49.0%)となった。現状のインターネット利用形態について、「固定回線(光ファイバー、CATV、ADSLなど)」のみを利用していると答えた人は52.8%、それに対して「モバイルデータ通信(WiMAXやイー・モバイルなど)」のみの利用は17.8%となった。固定回線のみの利用は昨年から微減、モバイルデータ通信のみの利用は3年連続で増加した。今後利用したいインターネット回線については「モバイルデータ通信(WiMAXやイー・モバイルなど)」が「固定回線(光ファイバー、CATV、ADSLなど)」を上回って昨年同様に1位となり、利用意向は拡大している。

 現在契約しているモバイルデータ通信は、WiMAXのシェアが半数以上を占めた。今後利用したいモバイルデータ通信についても、1位は3年連続で「WiMAX」となった。現在契約しているサービス、今後利用したいサービスともに、上位2社は3年間同じだ。WiMAXは昨年末に新しい通信規格WiMAX 2+のサービスを開始、イー・モバイルも昨年夏に、ソフトバンクモバイルのAXGP網の利用も可能な「EMOBILE 4G」サービスを開始した。新しいサービスの動きなどがあった2社が、シェア、利用意向ともに上位をキープしている。

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top