ソフトバンクら、中国最大のタクシー配車アプリ「クアイディ」に6億米ドルを出資 | RBB TODAY

ソフトバンクら、中国最大のタクシー配車アプリ「クアイディ」に6億米ドルを出資

エンタープライズ 企業

「クアイディ」(KuaiDi Dache)イメージ
  • 「クアイディ」(KuaiDi Dache)イメージ
  • 「クアイディ」(KuaiDi Dache)アイコン
 ソフトバンクグループの米SoftBank Internet and Media, Inc.(SIMI)、中国アリババ、タイガーグローバルは15日、中国で最大級のタクシー配車アプリ「クアイディ」(KuaiDi Dache)を提供するTravice Inc.に、総額6億米ドルを出資することを発表した。

 クアイディは、2012年創業で、位置情報システムと決済システムを融合することで利便性を高め、現在香港を含む中国300都市以上においてサービスを提供している。普通車や高級車など合計100万台以上の車両を配備しており、タクシー配車アプリ業界における中国国内シェアは54.4%とのこと。

 ソフトバンググループが中心に出資を行い、中国においてさらなる事業拡大およびサービスの向上を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top