KDDI、通信量を追加できる「データチャージカード」をコンビニ販売 | RBB TODAY

KDDI、通信量を追加できる「データチャージカード」をコンビニ販売

IT・デジタル モバイル

KDDI「データチャージカード」外観
  • KDDI「データチャージカード」外観
  • 利用イメージ
  • 対応機種・対応プラン
  • カードの裏面のイメージ
 iTunes StoreやAmazonの利用料金、ゲーム内コインなど、さまざまなカードがコンビニで販売されるようになってきたが、通信大手のKDDIは、「スマートフォンのデータ通信量」を気軽にチャージできるカードを、来週より販売する。

 KDDIと沖縄セルラーは16日より、セブン-イレブン・ジャパンと提携し、全国のセブン-イレブン(18,650店舗)にて「データチャージカード」の発売を開始する。販売されるのは、1.5GB(1,620円)/3GB(3,240円)/5GB(5,400円) の3種類。

 「データチャージカード」は、auのiPhone・4G LTEスマートフォン・タブレットにデータ容量をチャージできるカードだ。従来のauショップに加え、コンビニを販売ルートに加え、さらにユーザーの利便性を高めるのが狙いだ。カードになっているため、そのまま人にプレゼントするといった使い方もできる。

 カードにはQRコードやPINコード(16ケタ)が記載されているので、これを「デジラアプリ」から入力することで、通信量が追加される。専用サイトからのPINコード入力でも可能だ。

 なおセブン-イレブンでの「データチャージカード」発売開始を記念して、KDDIでは、セブン-イレブンで購入した「データチャージカード」でデータチャージをすると、データ容量が50%増量となるキャンペーンも実施する。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top