「WiMAX 2+」の速度制限が緩和!3日で3GB⇒10GBに | RBB TODAY

「WiMAX 2+」の速度制限が緩和!3日で3GB⇒10GBに

IT・デジタル モバイル

UQコミュニケーションズは10月24日、都内で「2016秋冬 UQ発表会」を開催
  • UQコミュニケーションズは10月24日、都内で「2016秋冬 UQ発表会」を開催
  • 「WiMAX 2+」の速度制限が緩和!3日で3GB⇒10GBに
 UQ Communicationsは22日、運営する通信サービス「WiMAX 2+」のサービス改定を行うと発表した。

 これまで、同社は直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が3GB以上となったユーザーに対し、混雑回避を目的として、速度制限を実施してきた。これは「3日で3GB」ルールと呼称され、しばしば批判の対象となってきた縛りだったが、2017年2月2日からは、閾値を10GBまで緩和する。

 加えて、速度制限の時間についても変更が施される。これまでは、3日間のデータ通信量が3GBを超えた日の翌日13時頃から翌々日13時頃までが適用期間となっており、日常生活に支障をきたすこともあったかと思うが、2月2日以降は混雑時間帯(18時頃から翌2時頃まで)となり、夜間が制限の中心となる。また、制限後の最大通信速度は、これまで「YouTube動画の標準画質レベルがご覧いただける速度」と案内されていたが、具体的に「概ね1Mbps」と追記された。

 なお、(速度制限を受けたユーザーが)2時前から通信を継続して利用し続ける場合、最大で6時頃まで速度制限が継続することががるものの、2時以降に一度セッションを切断し、再接続することで速度制限が解除される。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top