”美容整形疑惑”否定したけれど……AKB48岩田華怜の鼻が不自然? 高須幹弥氏が指摘 | RBB TODAY

”美容整形疑惑”否定したけれど……AKB48岩田華怜の鼻が不自然? 高須幹弥氏が指摘

エンタメ ブログ

 鼻の美容整形疑惑を否定したアイドルグループ・AKB48の岩田華怜について、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の息子で同クリニックの医師である高須幹弥氏が、「不自然」だと指摘している。

 岩田は、ネット上でささやかれていた整形疑惑について28日に自身のGoogle+上で言及し、幼児期に負ったケガの後遺症に悩み形成外科で治療したことを告白するとともに、美容整形ではないことを訴えた。

 この件について高須氏は30日に更新した自身の公式ブログで言及。岩田の鼻が形状が、手術前に比べて鼻先が細くなり斜め下方向に伸びていることに触れ、幼少期の鼻の骨折による後遺症を耳鼻科や形成外科で治療する場合の通常の手術では、「いずれの手術も、術後に鼻先が細くなったり、鼻先が下に伸びることはありません」とした上で、「岩田さんがどんな手術を受けたのかわかりませんが、不自然に鼻先だけつままれたようになり、ピンチドノーズ変形を起こしています(まるで鼻尖縮小をやり過ぎた上に鼻中隔延長したような鼻先です)」と指摘した。

 鼻尖縮小(鼻尖形成)とは、同クリニック公式サイト上の説明によれば、いわゆる“団子鼻”を修正する施術のことで、鼻中隔延長とは、いわゆる“ブタ鼻”を修正し鼻先を大きく下方に伸ばす施術のこと。いずれも同クリニックほか、美容整形外科で行われている。

 岩田が受けた鼻の治療が、美容整形の範疇である可能性を示唆するとともに、治療後の形状が不自然であることを指摘した高須氏。「偏頭痛などの後遺症が治って本人が喜んでいるのならこのままでも良いのかもしれませんが」と前置きした上で、形成外科専門医としての立場から、「自然な鼻に修正してあげたいと思ってしまいます」とつづっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top