パナソニック、一体型設置と分割設置を選べる2スピーカーのシアターバー | RBB TODAY

パナソニック、一体型設置と分割設置を選べる2スピーカーのシアターバー

IT・デジタル その他

「SC-HTB15」の本体(横型スタイル)とサブウーハー
  • 「SC-HTB15」の本体(横型スタイル)とサブウーハー
  • 縦型スタイル
  • 付属のリモコン
  • 縦型(左)と横型(右)の選べるスタイルでテレビとの接続イメージ(テレビやラックは別売)
 パナソニックは、アンプを搭載したスピーカーとしてシアターバーの「SC-HTB15-K」を発表した。販売開始は9月9日。価格はオープンで、予想実売価格は37,000円前後。

 「SC-HTB15」は、バー形状でテレビの前面に横型スタイルで設置するシアターバー。左右に分割できる設計で、テレビの左右両脇に2つのスピーカーを縦長で置く縦型スタイルでの利用が可能。

 重低音を楽しめるアクティブサブウーハーと、音声を聴き取りやすくする「明瞭ボイス」機能を搭載。「3Dサラウンド」にも対応しており、3Dテレビと接続して3D映像を視聴する際、臨場感にあふれた音の広がりを楽しめるとうたう。

 また、同社製テレビ「VIERA(ビエラ)」と接続することで、視聴番組のジャンルに合わせて自動でシアターバーのサウンドモードが切換わる「番組ぴったりサウンド」機能や、比較的音量変化の少ない番組視聴時にシアターが自動的に消費電力を抑える「番組連動おまかせエコ」機能などを備えた。

 アンプ部の実用最大出力は240W。フロント部(L/R)は60W×2で、2WAY2スピーカーシステム(バスレフ型)の3.5×10cmコーン型ウーハー+2.5cmセミドーム型ツィーター。サブウーハー部は120Wで、1WAY1スピーカーシステム(バスレフ型)の16cmコーン型ウーハー。

 インターフェースはHDMI出力/HDMI入力×2/光デジタル音声入力。横型スタイルスタンド使用時の本体サイズは幅800×高さ89×奥行き75mm、重さは約1.4kg。サブウーハーは幅180×高さ408×奥行き305mm、重さが約5.6kg。付属品はリモコン/HDMIケーブル/電源コード/スピーカーコード×2/スピーカージョイント部/スタンド×2/付属足×3/スタンドベース×2など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top