ソニー、PC・スマホ・タブともつながる無線LAN対応AVアンプ……映画鑑賞にも最適 | RBB TODAY

ソニー、PC・スマホ・タブともつながる無線LAN対応AVアンプ……映画鑑賞にも最適

 ソニーは、有線LANのほか無線LAN接続にも対応するAVアンプを2機種発表した。価格はオープンで、発売日/予想実売価格は、「STR-DN1040」が7月20日/68,250円前後、「STR-DN840」が6月25日/54,600円前後。ソニーストアでも取り扱う。

IT・デジタル その他
「STR-DN1040」
  • 「STR-DN1040」
  • 「STR-DN840」
  • 「アドバンストD.C.A.C.」により最適なサラウンド音場をセッティングできるイメージ
  • 音声の位置を好みの高さまで引き上げる「センタースピーカー・リフトアップ」機能のイメージ
 ソニーは、有線LANのほか無線LAN接続にも対応するAVアンプを2機種発表した。価格はオープンで、発売日/予想実売価格は、「STR-DN1040」が7月20日/68,250円前後、「STR-DN840」が6月25日/54,600円前後。ソニーストアでも取り扱う。

 両機種は、無線LAN経由のワイヤレスでパソコンやスマートフォン、タブレットの音楽再生が可能。Bluetooth機能(Bluetooth Ver.3.0/class2)も内蔵するほか、iOS端末の音楽データをワイヤレスで受信して高音質で再生できるAirPlayにも対応する。

 また、上位機種「STR-DN1040」本体前面のHDMI入力端子がMHL(Mobile High-Definition Link)規格に対応。MHL専用ケーブルでMHL対応モバイル機器と接続し、モバイル機器の充電や電源供給を行いながら、動画や静止画を最大フルHDの高画質かつ最大192kHz 24bit 7.1chの高品質音声で伝送できる。

 同社独自のアルゴリズムによって、映画館の初期反射や残響音を加えて映画館特有の音の響きを再現。「アドバンストD.C.A.C.」により、付属のマイクを使い、リスニングポジションから各スピーカーへの距離、それぞれの周波数特性/能率、各スピーカー間の位相特性も整え、最適なサラウンド音場をセッティングできるという。

 小音量時の映画観賞でも迫力を損なわない音量聴感補正技術「サウンド・オプティマイザー」を採用。センタースピーカーの設置位置に関わらず、セリフなどの音声の位置を好みの高さまで引き上げる「センタースピーカー・リフトアップ」機能も備えた。「ベルリン・フィルハーモニック・ホール」や「ウィーン・ムジークフェライン」、「アムステルダム・コンセルトヘボウ」などのコンサートホールの臨場感を再現する「コンサートホール・モード」を装備する。

 「4Kパススルー」機能、や「4Kアップスケーラー」機能、「3D映像信号バススルー」機能を搭載。実用最大出力は、「STR-DN1040」がフロント165W×2+センター165W+サラウンド165W×2+サラウンドバック/フロントハイ共有165W×2、「STR-DN840」がフロント150W×2+センター150W+サラウンド150W×2+サラウンドバック/フロントハイ共有150W×2。本体サイズ/重さは、「STR-DN1040」が幅430×高さ172×奥行き329.4mm/約10kg、「STR-DN840」が幅430×高さ156×奥行き329.4mm/約8.5kg。付属品は音場補正マイク/リモートコマンダー/FMアンテナ線/AMループアンテナなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top