マイクロソフト、透過型HMD「HoloLens」開発者版を30日に発売 | RBB TODAY

マイクロソフト、透過型HMD「HoloLens」開発者版を30日に発売

IT・デジタル その他

マイクロソフトの透過型HMD「HoloLens」開発者版を3月30日に発売
  • マイクロソフトの透過型HMD「HoloLens」開発者版を3月30日に発売
  • 現実世界に3Dホログラムを重ねるようにして表示させることが可能
  • リモコン「Clicker」、キャリングケース、ケーブルなどが付属する
 米マイクロソフトは29日(現地時間)、同社が開発中の透過型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「HoloLens」を開発者向けに3月30日に発売すると発表した。価格は3,000ドル(約340,000円)。対象地域は北米で、日本からの購入は現時点ではできない。

 「HoloLens」は、シースルータイプのヘッドマウントデバイスで、現実世界に3Dホログラムを重ねるようにして表示させることが可能なHMD。Windows 10を内蔵しており、PCなど“母艦”を必要とせず、単体で3D映像などを楽しめることが特長だ。

 開発者向け発売にあたり一部仕様も公開され、プロセッサはインテル製32bit、メモリ2GB、ストレージ64GB、200万画素カメラを搭載する。現実世界とのマッピングに必要なホログラフィック専用のチップ「Holographic Processing Unit」のほか、マイク4基、外部スピーカー、光センサーを備え、802.11 acもサポートする。バッテリは2~3日の連続使用が可能で、待機時間は約2週間。重量は579g。

 開発者版には、アプリ開発用の「HoloStudio」がプリインストールされているほか、本体のほか操作を行うリモコン「Clicker」、キャリングケース、ケーブルなどが付属する。開発者は同機を使って「HoloLens」用アプリを開発する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top