4K&3D映像に対応した医療用液晶モニター……ソニー | RBB TODAY

4K&3D映像に対応した医療用液晶モニター……ソニー

IT・デジタル ハードウェア

執刀医の対面位置に立つ医師に向けた180度回転3D表示にも対応する。解像度は55型が3840x2160ピクセル、31型が4096x2160ピクセル(画像はプレスリリースより)
  • 執刀医の対面位置に立つ医師に向けた180度回転3D表示にも対応する。解像度は55型が3840x2160ピクセル、31型が4096x2160ピクセル(画像はプレスリリースより)
  • 3Dアイシールドキットも同梱される(画像はプレスリリースより)
 ソニーは高精度に奥行情報を認識できる3D映像の表示に対応した医療用4K液晶モニター2機種を、2017年1月10日に発売することを発表した。

 医療分野では手術顕微鏡や内視鏡装置などの医療機器の4K対応や3D映像への対応が進んでおり、今回の2機種は、その両方に対応できるものとなる。

 HD/3D映像を表示する場合、従来機と比較して最大4倍の解像度での再現となるため、高精度な映像で手術をサポートすることが可能となるという。

 4K放送規格ITU-R BT.2020に対応し、高色域での映像表現に対応する。入力端子はSDI、DVI、HDMIで、3D出力形式はサイドバイサイド、ラインバイライン、トップ&ボトム、SDIデュアルストリームに対応する。

 製品ラインナップは55型「LMD-X550MT」と31型「LMD-X310MT」の2機種で価格はオープン価格となる。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top