エプソン、3D対応フルHDモデルのホームシアタープロジェクター5機種を新発売 | RBB TODAY

エプソン、3D対応フルHDモデルのホームシアタープロジェクター5機種を新発売

IT・デジタル 周辺機器

『EH-TW8200W』/『EH-TW8200』
  • 『EH-TW8200W』/『EH-TW8200』
  • 『EH-TW7200』
  • 『EH-TW5200』
 エプソンは7日、ホームシアタープロジェクター「dreamio(ドリーミオ)シリーズ」の新商品として、「EH-TW5200」/「EH-TW5200S」を8月29日に、「EH-TW8200W」/「EH-TW8200」、「EH-TW7200」を10月に発売すると発表した。投写方式に「3LCD」方式を採用。カラーも明るく、より忠実な色再現性を実現でき、映像の美しさを十分に引き出すことができるとしている。

■映像美にこだわった「3LCD方式」、「Bright 3D Drive」

 「EH-TW8200W」/「EH-TW8200」は、「EH-TW8100W」/「EH-TW8100」(2012年10月発売)の後継モデル。新商品では、コントラスト比が600,000:1と前機種から約2倍向上。さらに、画像の解像感を向上させる「超解像技術」と、動きの素早い動画を滑らかに再生する「フレーム補間技術」が新たに3D映像に対応した。また、本格モデルとして、エプソンのこだわりの独自技術が凝縮。従来機種同様に、黒浮きの少ない漆黒表現を可能にすることで自然な奥行きと立体感を実現する「DEEPBLACK」や、一般的に暗くなりがちな3D映像もクロストークを抑え明るく投写する「Bright 3D Drive」を搭載している。

 設置性を高める機能としては、画質劣化の少ない広範囲レンズシフトや前面吸排気システム、短焦点レンズを搭載。3Dメガネも10mという視聴範囲を実現するRF方式を引き続き採用した。また、映像を劣化させることのない「WirelessHDTM」を標準搭載したワイヤレス対応モデル「EH-TW8200W」もラインアップしている。

 「EH-TW7200」は、価格面での求めやすさと、広範囲レンズシフトの搭載を両立したモデル。レンズシフトは、上下96%、左右47%と稼動範囲が広いうえに、画質劣化が少なく、短焦点レンズにより設置範囲も広いため、6畳間(3.6m~2.7m程度)でも80型~100型の大画面映像を楽しむことができるという。

 「EH-TW5200」は、フルHDプロジェクターを手軽に楽しめるモデル。コンパクトボディ(高さ105mm、幅297mm、奥行き247mm、重さ約2.8kg)に充実の機能を搭載。オプションの3Dメガネにより3D対応の映画を楽しむことができる。さらに、ゲームをより快適に楽しむための、フレーム遅延を軽減する機能や、スマートフォン、タブレットとケーブル1本で簡単接続できるMHLTMにも対応。組み立てやすく、片付けやすい80型(アスペクト比16:9)のスクリーンをセットにした「EH-TW5200S」も用意されている。カラーの明るさは2,000lmを実現し、「Bright 3D Drive」の搭載により3D映像も明るく投写。短焦点レンズや、斜め横からでも投写が可能な「ピタッと補正」機能の搭載により、6畳間(3.6m~2.7m程度)や置き場所が限られるスペースでも80型~100型の大画面投写を可能にした。天吊りをしなくとも画像補正無しの映像を楽しむことができる「逆さ設置」に便利な、ゴム足を同梱。加えて、2Wのスピーカーを内蔵している。

 価格は全てオープンプライス。予想市場価格については、「EH-TW8200W」が32万円台後半。「EH-TW8200」が29万円台後半。「EH-TW7200」が24万円台後半。「EH-TW5200S」が10万円台半ば。「EH-TW5200」が9万円台後半となっている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top