NEC、音声認識技術を利用した決算説明会向け会見録作成支援サービスを提供〜SaaSでドラフトを自動作成 | RBB TODAY

NEC、音声認識技術を利用した決算説明会向け会見録作成支援サービスを提供〜SaaSでドラフトを自動作成

ブロードバンド その他
「SaaS型音声認識議事録作成支援サービス」概要
  • 「SaaS型音声認識議事録作成支援サービス」概要
 日本電気は31日、音声認識技術を利用した決算説明会向け会見録作成支援サービスを、SaaSとして2009年より提供開始することを発表した。

 同サービスは、メディアやアナリスト、投資家向けに上場企業が行う決算説明会の音声をネットワーク経由でテキスト化し、会見録のドラフトを自動作成するものとなっている。利用者は、文字化されたドラフトの確認したい個所の音声を繰り返し再生しながら編集でき、迅速な会見録作成が可能となる。決算説明会に特有な専門用語は、あらかじめNECが整備登録した専門辞書を用意しているほか、利用企業に固有の専門用語(製品名、サービス名、組織名など)を登録することも可能。会見録はブラウザベースで参照できる。

 なおサービス化にあたって、NECおよび関係会社3社では、自社の決算説明会に適用し、会見録作成作業の効率化による作業時間半減、会見録の正確性・品質向上を確認したという。

 今後は、労働組合向けなど順次、特定領域ごとにサービス提供範囲を拡大し、サービスメニューを拡充していく予定とのこと。またサービス提供に先立ち、2009年1月〜2月に決算説明会を開催予定の上場企業向けに、試験提供を行う見込み。価格は未定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top