【キャラ研 Vol.12】なぜにイカ? コミュファ光の「じゃなイカ」 | RBB TODAY

【キャラ研 Vol.12】なぜにイカ? コミュファ光の「じゃなイカ」

ブロードバンド その他

じゃなイカ
  • じゃなイカ
  • 周囲の疑問をよそに、無邪気に跳ぶイカと笑うイカ
  • コミュファ社員さんと2ショット
  • ぬいぐるみ(受付の様子)
  • 広報岩橋さんお手製のじゃなイカアレンジ4パターン
  • イベント会場では子供にかこまれて大人気
  • ショッピングバック
  • 黄色と水色の補色が大胆なイカマウスパッド
こんにちは、キャラ研です。
年の瀬も迫ってまいりました。
テレビニュースでは魚市場からの中継でもつながりそうなこの頃。
キャラ研からは潮の香り漂う「海モノ」キャラをご紹介します。

中部テレコミュニケーションのインターネットサービス「コミュファ光」のキャラクター、「じゃなイカ」です。

なかなか衝撃的な見た目です。

公式プロフィールによると
身長、体重は謎です。
年齢も謎です。

というか、本当はなぜイカなのか、これが最も謎です。
「じゃなイカ」って、「コミュファ光」にも「中部テレコミュニケーション」にもかかってないし…
「コミュファじゃないか」と「イカ」をかけてるなら、別にコミュファ光のサービスじゃ使えるし。
一体どうして、コミュファはイカを自社キャラにしたのか……
どうして……

RBB TODAYの書庫を探っていると、ナントこんな伝説が発見されました!
なかなかイカしているので、全文紹介します。

「さかのぼること江戸時代、当時の発明家平賀源内が名古屋を訪れたときのこと。ヒマを持て余した源内が電気ウナギと電気ナマズを掛け合わせてみるとどうなるか興味本位でおこなったことがすべての話の始まりであった。2匹を一緒の水槽に入れたそのとき!急に2匹が大暴れし、勢い余って水槽の外に出たと思ったら、たまたまそばにあった「エレキテル」に接触!電気と電気のぶつかり合いにより、あたり一面まぶしい光に包まれたのであった!そして光がおさまるや、そこにはみたこともないひとつの生命が……。そう、こうしてじゃなイカくんはこの世に生を授かったのである!だが、その後じゃなイカくんの姿を見た者はおらず、今ではツチノコと同じくらいの伝説の動物と化していたのだった……。その伝説のじゃなイカくんが2006年、何百年もの沈黙を破って再び人々の前に現れた!人々に光ファイバーがもたらす豊かな生活のすばらしさを伝えるために……」

いえいえ、自作してませんってば。
コミュファ光公式のお話です。

実は江戸時代から、キャラクターとしての生命を受けていた「じゃなイカ」。
やっぱり海の生き物は歴史が違いますね。

プロフィールもやたらと可愛いのです。

性格      :温厚で健気。
チャームポイント:おでこでキラリと光る星、プニプニの吸盤。
特技      :10本の足で10人と握手できる
弱点      :ときどき足がもつれてつまずく
好きな食べ物  :繊維質(ファイバー)の多いもの
趣味      :ホットヨガ(たまにイカのホイル焼き状態になってしまうのが悩み)

「パンフレットやウェブサイトなどでもかわいい案内役として、
伸びたりちぢんだりけなげに活躍しています」(広報 岩橋さん)

そんなじゃなイカを、コミュファ社員は愛しているのです。

岩橋さん「一見ちょっと『キモかわ』なじゃなイカくんですが、見ているとふしぎにどんどんかわいくなってくるというコメントを各所からいただいております」

確かに、中身を知っていくうちに、なぜか愛おしくなってくる、このイカ…。

グッズも豊富です。
定番のショッピングバックやマウスパッドなどに加え、Webからダウンロードできる壁紙、ぬりえと色々あるのですが、もっとも衝撃的なのは、新作の「画面クリーナー」です。

イカの後頭部から毛が。
こうやって、生き物は進化していくんだなあと、感慨深いです。

そんなじゃなイカくん、テレビCMにはイメージキャラクターの香里奈さんとも共演したことがあるのだとか! イカ、なかなかやるな!!

次の新作グッズも、いったい何が飛び出すのか楽しみです。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top