アイシロンのIsilon IQクラスタ ストレージが、 Citrix Ready for XenServerに認定 | RBB TODAY

アイシロンのIsilon IQクラスタ ストレージが、 Citrix Ready for XenServerに認定

 アイシロン・システムズは23日、アイシロンのX-SeriesクラスタストレージシステムがCitrix Ready for XenServerに認定されたことを発表した。

エンタープライズ その他
 アイシロン・システムズは23日、アイシロンのX-SeriesクラスタストレージシステムがCitrix Ready for XenServerに認定されたことを発表した。

 アイシロンのIsilon IQ X-SeriesクラスタストレージとCitrix XenServerを組み合わせることで、企業は従来のストレージを排除し、サーバからストレージまで完全に仮想化されたインフラストラクチャを構築可能となり、一個所から一元管理できるようになる。
 Isilon IQ X-Seriesは、分散ファイルシステムソフトウエア「OneFS」を搭載しており、ファイルベースのデータストアの一元管理を可能としている。OneFSは、統合型のOSソフトウェアレイヤであり、OneFSとSnapshotIQ、SmartConnect、SmartQuotas、SyncIQなどのアプリケーション群と組み合わせて運用することも可能となっている。

 Citrix Systems 社ビジネス開発担当ディレクタのジョン・ブライアン氏は「Citrix XenServerの仮想化は、アプリケーションデリバリーを加速し、可用性を改善させ、IT リソースの使用率を向上させることで、データセンターをより高速かつ効率的にします。Isilon IQ がCitrix Ready プログラムに認定されたことにより、Citrix XenServer 環境に対し、サーバやストレージリソースの価値を最大化する強力なソリューションが提供可能となりました」とのコメントを寄せている。

 一方アイシロンのポール・ラザフォードCTOは「エンタープライズデータセンターは、従来のスケールアップ型アーキテクチャからスケールアウト型環境に移行しようとしています。仮想化は、コンピュータレベルにおけるこの変革の重要な要因となっていますが、クラスタストレージは、同様の変革をデータレベルで促進しています。アイシロンの X-Series クラスタストレージは Citrix XenServer との統合により、次世代データセンター内での生産性、柔軟性、リソース効率性を改善する完全なスケールアウト型環境をエンタープライズビジネスに提供します」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top