NTTデータとNEC、診療報酬明細書のオンライン請求化に向け協業〜「レセプト」をワンストップで提供 | RBB TODAY

NTTデータとNEC、診療報酬明細書のオンライン請求化に向け協業〜「レセプト」をワンストップで提供

エンタープライズ その他
サービスの概念図
  • サービスの概念図
  • 申し込みからオンライン請求開始までのスケジュール
 NTTデータと日本電気(NEC)は27日より、レセプト(診療報酬明細書)オンライン請求に関する事業で協業、「NECレセプトオンライン接続ワンストップサービス」の販売を開始した。

 「NECレセプトオンライン接続ワンストップサービス」は、医療機関・薬局等と審査支払機関との間に仮想的な専用線(VPN)をインターネット上に構築し、レセプトオンライン請求専用のセキュアなネットワーク基盤を提供する「レセプトオンライン接続サービス」(NTTデータ)に、NECがレセプトオンライン請求を行う際に医療機関・薬局内での設置が必要となる機器・サービスとして、専用端末、ルータ(OD-VPNアダプタ)、インターネット回線(BIGLOBE)、訪問サポートをセット化し提供するものとなる。

 価格は、レセプトオンライン接続サービスが月額1,995円、ネット環境(インターネットサービスBIGLOBEオフィス光withフレッツ)が月額3,875円〜、パソコン取次サービス(接続ソフト、ウィルスチェックソフト、調剤薬局向け薬剤情報提供情報などをプリセットで提供)が月額5,250円。

 これにより医療機関・薬局等は、2011年度以降に対応が必須となる「レセプトオンライン請求」の環境を、大きな負担を伴うことなく利用可能となる見込み。

 NTTデータでは、2007年度から2009年度までの中期経営計画において、ヘルスケア事業領域を「成長エンジン」と位置づけ、ビジネス強化と社会基盤構築を目指していくという。またNECは、本サービスをベースとした医療ネットワーク基盤を活用し、地域医療連携をはじめさまざまな付加価値サービスの開発・展開を進めていきたいとしている。同サービスでも、OD-VPNアダプタを採用しているため、顧客は1台のルータを使って複数のサービスに接続することができ、特定健診・地域医療連携・遠隔医療など将来を見据えたサービスも利用可能となっているとのこと。
《冨岡晶》

特集

page top