格安SIM

【乗り換えで注意】楽天モバイルにMNP転入する手順!手数料を無料にするには?

格安SIMを徹底比較しました!結果を今すぐ確認!
【2021年最新】格安SIM8社比較でわかったおすすめ3選!
サービス楽天モバイル
楽天モバイル
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
おすすめ度
特徴・プラン料金:3カ月無料のキャンペーン
最大25,000円相当のポイント還元中!
・1GBまで:月額料金が無料
・20GB以上:どれだけ使っても3,278円(税込)
・iPhoneの乗り換え:最大2万ポイント還元
最大1万円のキャッシュバック
実効速度4年連続No.1
・UQ家族割:子回線から月額500円割引!
・縛りなし!契約解除料も無料!
最大7,000円 + 3,000円相当のPayPayボーナス
・iPhoneSEなど一部機種代金が最大21,600円割引
・ユーザー限定:PayPayが最大20%相当還元
公式

※横にスクロールできます。

楽天モバイルにMNP転入する手順について紹介します。

楽天モバイルにMNP転入する手順について知りたい人は、参考にしてみてください。

【結論】楽天モバイルはキャンペーンが豊富!月額料金も安い!

楽天モバイルのキャンペーン・キャッシュバック特典まとめ

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大25,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる\契約縛り期間なし/
契約解除料もなしで1GBまでは無料

公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルにMNP転入する手順【オンラインから乗り換え】

楽天モバイル

料金プラン
(税込)
Rakuten UN-LIMIT VI :
月額基本料金 0円〜
※データ利用料によって変動
※20GB以上は基本料金3,278円
データ通信量Rakuten UN-LIMIT VI :無制限
音声通話料金22円 / 30秒
※Rakuten Linkアプリの使用で無料
通信速度
(※速度制限時)
・国内:最大1Mbps
・国外:最大128Kbps
支払い方法・クレジットカード
・デビットカード
・楽天ポイント
・口座振替
契約初期費用
(税込)
0円
実店舗あり

まずはオンラインで楽天モバイルにMNP転入する手順を見ていきましょう。

具体的な手順としては、以下となります。

順番に確認していきましょう。

手順1. SIMロックは解除し、必要書類を用意しておく

楽天モバイルでスムーズにMNP転入するためには、まず下準備を済ませておくことが大切です。

手持ちの端末を使ってSIMカードのみを購入する場合はSIMロック解除の手続きをしてみてください。

SIMロック解除のためには前キャリアでの手続きが必要になります。手数料はマイページからのオンライン手続きであれば無料。

店舗や電話となると3,300円(税込)の手数料が発生する恐れがあるので、ご注意ください。

SIMロック解除が済んだら、契約の際に必要な書類を準備していきます。準備しておくべき必要書類は以下のとおりです。

楽天会員の場合、ログイン用のユーザーIDとパスワードも用意しておくようにしてみてください。

またMNP転入のためにはMNP予約番号の取得が必須です。こちらも忘れず取得してみてください。

手順2. 前キャリアでMNP転入のための予約番号を取得、手数料を支払う

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)転入とはMNP予約番号を使って電話番号を変えないまま乗り換える手続きです。

MNP予約番号発行の手数料は以前まで3,300円(税込)とされていましたが、現在では大手キャリア3社とも無料化に踏み切っています。

また楽天モバイルも完全無料化を果たした格安SIMのひとつです。

MNP予約番号は店舗や電話、オンラインなど好きな窓口から発行できます。手数料はどの受付でも無料なので、ニーズに合った方法を選んでいきましょう。

オンラインの場合24時間受付のところもあります。ただしMNP転入には、どのキャリアも予約日を含め15日間の有効期限があるため、注意が必要です。

取得後に切れてしまった際には、再取得しなければなりません。また。格安SIMのなかにはMNP転入に手数料がかかるサービスもあるのでご注意ください。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む

全ての準備が整ったら、いよいよオンラインより楽天モバイルへのMNP転入手続きをしていきます。

まずは楽天モバイルにアクセスして「Rakuten UN-LIMIT VI 」内の「プランを選択する」に進んでください。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む1

※上記とこれ以降、画像は公式サイトを参照:楽天モバイル

音声サービスなどのオプションやSIMカードタイプを選び、申し込み内容を確認。問題がなければ「この内容で申し込む」を選択します。

MNP転入ではSIMカードのみの契約なので「製品を選択する」はしないように注意してください。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む2

楽天会員としてログインしたら契約者情報に誤りはないか確認していきます。変更する際は「契約者情報の変更」から入力することが可能です。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む3

 

本人確認書類の提示方法を「本人確認書類画像をアップロード」か「受け取り時に自宅で確認」から選びます。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む4

 

「本人確認書類をアップロード」の場合は用意した本人確認書類のタイプを選択し、写真をアップロードします。「次へ進む」を選択してください。

完了したら「次へ進む」を選択してください。

 

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む5

電話番号の選択では「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。電話番号とMNP予約番号、MNP転出の有効期限を入力し、「次へ進む」を選択します。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む6

 

受け取り方法を「ご登録住所で受け取り」で選択し、希望日時と連絡可能な番号を入力していきます。

 

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む7

 

契約プランの支払い方法、・支払い回数・楽天ポイント利用の有無を選び、「次へ進む」を選択します。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む8

申し込み内容を確認し、問題がなければ「この内容で申し込む」を選択。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む9

重要事項・利用規約・情報提供について確認し、それぞれ同意する旨にチェックを入れます。

「位置情報と通信履歴の提供に同意します」までチェックを入れ終えたら、「同意して申し込む」を選択。

手順3. オンラインから楽天モバイルに申し込む10

以上で、オンラインから楽天モバイルへのMNP転入手続きは完了です。審査や発送の状況、申し込み内容については「my 楽天モバイル」から確認できます。

手順4. 届いた端末とSIMカードを使ってMNP転入手続きをする

審査が終了したら登録住所にSIMカードが届くので、MNP転入手続きをしてみてください。

まずは手持ちの端末から「my楽天モバイル」にアクセスし「お申し込み履歴」を選択します。

手順4. 届いた端末とSIMカードを使ってMNP転入手続きをする1

※上記とこれ以降、画像は公式サイトを参照:楽天モバイル

配送完了となっている、該当の申込番号を選択します。

手順4. 届いた端末とSIMカードを使ってMNP転入手続きをする2

MNP開通手続きの欄があるので、「MNP転入する」を選択します。

手順4. 届いた端末とSIMカードを使ってMNP転入手続きをする3

ここまで終われば前キャリアで契約していたSIMは自動的に解約となります。開通するタイミングは9:00~21:00なら当日中、21:01~翌8:59なら翌9:00以降です。翌日開通となる場合もあるのでMNP転入のタイミングに注意してください。

手順5. APN設定などの初期設定をする

MNP転入手続きが終われば残りは初期設定のみとなります。契約していたキャリアが圏外になったことを確認し、楽天モバイルのSIMカードと取り換えましょう。

インターネットの接続先をスマホに認識させるAPN設定は、楽天回線対応製品でない限りする必要のある大切な作業です。

ただし不慣れな人だとやや厄介な作業になります。楽天モバイルのサポート画面には「各種製品の初期設定」が記載されているので活用してみてください。

APN設定が完了したら、「楽天モバイルSIMアプリ」「my 楽天モバイル」「Rakuten Link」のダウンロードがおすすめです。

楽天モバイルにMNP転入する手順【店舗から乗り換え】

楽天モバイルではオンラインに外にも店舗でMNP転入をできます。手順については次のとおりです。

オンラインでは事前に来店予約をできます。待ち時間を少なくしてスムーズに済ませるためにもぜひ利用してみてください。

楽天モバイルにMNP転入するときに注意!乗り換えのデメリット5選

では楽天モバイルにMNP転入する際、どのようなデメリットはあるのでしょうか。

具体的に、以下5つのデメリットを紹介します。

順番に確認していきましょう。

MNP転入において手数料や違約金が発生するケースもある

楽天モバイルへMNP転入をする際には、前キャリアで契約を解除する必要があります。MNP転入の手数料はトリプルキャリア全てにおいて無料。

しかしSIMロック解除では手数料が発生するケースもあるのでご注意ください。

基本的に「My SoftBank」「My docomo」「My au」などオンライン上での手続きは手数料無料です。店舗や電話での手続きとなると3,300円(税込)の手数料が発生します。

なお店頭でのみ解除できる機種もあるため、あらかじめ手持ちの機種を確認しておくことが大切です。

また解約するタイミングによっては契約解除料としての違約金が発生する恐れもあります。違約金は最大数万円程度までかかるケースもあるので、タイミングに注意してください。

余計な出費とならないためにも楽天モバイルへのMNP転入は契約更新期間中がおすすめです。

解約時、満額負担となるオプションサービスもある

楽天モバイルでは契約解除の際に違約金などをとっていません。しかしオプションサービスの月額料金は日割り計算になるものとならないものがあるため注意が必要です。

ほとんどのサービスは月途中で解約した場合、日割り計算で算出されますが以下のサービスは満額請求となります。

月が変わって日が浅い状態で解約してしまうと割高になってしまうため、解約のタイミングに注意してください。

解約月の基本料はデータ利用量に比例する

オプションサービスの計算方法と同様に注意したいのが、楽天モバイルが提供する「Rakuten UN-LIMIT VI」です。

従量課金制のワンプランである「Rakuten UN-LIMIT VI」は1・3・20GBが料金の変わる境目となります。

解約時には解約までに利用したデータ容量に応じて算出。4GBであっても19GBであっても支払う料金は2,178円(税込)となるため、注意が必要です。

月はじめに3GBを超えたばかりで解約すると、解約におけるコストが高くつくのでデータ利用量に注意してください。

エリア対象外の地域がある

楽天モバイルは独自の楽天回線エリアを広げることで使い放題を実現する格安SIMです。対応エリアは全国に拡大しつつあり、更新したエリアは公式サイトから確認できます。

しかし楽天回線エリアであっても、楽天基地局の電波が届きにくい利用環境では通信が制限されることも。

とくに建物のなか・地下・トンネルといった場所は電波がつながりにくくなります。また楽天回線エリアの境界付近や、屋内外を移動するときも同様です。

まだ楽天基地局が設置されていないエリアもあり、通信環境はまだ不安定な所が目立ちます。

パートナー回線の高速通信は月5GBまで

楽天モバイルでは楽天回線エリアのほかにパートナー回線エリアがあります。au基地局の電波を利用するエリアで、楽天基地局が利用できない際に通信をつなぐことができます。

しかしパートナー回線エリアでは月の高速データ容量が5GBに制限されてしまうのがデメリットです。制限を超えると通信速度最大1Mbpsで使い放題となります。

とはいえ楽天回線エリアが広がるにつれて、なくなっていくデメリットです。あくまで通信環境における注意点のひとつとして押さえてみてください。

楽天モバイルへのMNP転入はおすすめ!乗り換えの5つのメリット

反対に楽天モバイルへMNP転入する際、どのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的に、以下5つのメリットを紹介します。

順番に確認していきましょう。

「Rakuten UN-LIMIT VI プラン料金3カ月無料キャンペーン」でお得に乗り換え

楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT VI」にMNP転入した場合プラン料金が3カ月無料になるキャンペーンを実施しています。

最大3,278円(税込)となる月額料金が3回分、合計9,834円(税込)分が無料になるお得なプログラムです。

月額料金は従量課金制で決まり、20GB以上から無制限となります。最初の3カ月間はデータ通信量を気にすることなく使えるため、はじめての人はぜひ活用してみてください。

「楽天モバイル MNP転入で最大20,000円相当分をポイント還元!」キャンペーン

また楽天モバイルではMNP転入での新規契約で最大20,000円相当分のポイントを受け取ることもできます。

なおこちらのキャンペーンは「Rakuten UN-LIMIT VI プラン料金3カ月無料キャンペーン」とも併用可能です。

ポイントの内訳は「Rakuten UN-LIMIT VI」への新規申し込みで5,000円相当分、MNP転入での乗り換えで5,000円相当分となっています。

なおポイントが付与されるタイミングはプラン利用開始から「Rakuten Link」の利用が確認できた月の翌々月末日頃です。

無料の専用アプリ「Rakuten Link」で通話し放題

「Rakuten Link」は楽天モバイルに備わった無料の音声通話アプリです。通話以外にも個人間やグループでのメッセージ、ニュースの閲覧や支払い機能が楽しめます。

電話は国内通話かけ放題で、相手がRakuten Linkを使っていなくても利用できます。またデータ低速モード時であっても利用可能です。

使い方もシンプルで、専用アプリを開いて相手の電話番号を入力するだけです。折り返しの場合だけ、一度履歴を抜けてアプリを開く必要があるため注意してください。

アプリを開く手間さえ慣れれば、非常に使い勝手のいい魅力的なサービスといえます。

大手キャリアよりも月額料金が安くなる

楽天モバイルが用意する「Rakuten UN-LIMIT VI」は、使ったぶんだけ価格が自動的に上がっていく従量課金制のプランです。

1GBまでは0円ですが、20GBを超えると最大3,278円(税込)で無制限に利用できます。対して大手キャリアの無制限プランは7,000~8,000円が平均的。

コストのみで比較すると楽天モバイルのほうが圧倒的にお得なキャリアサービスといえるでしょう。

また楽天モバイルは1GBまで無料になる点も大手キャリアにはないポイントです。1GB未満の少量プランでも格安SIMを含めて無料で打ち出しているキャリアは他にありません。

とにかく月額料金を抑えたいという人は楽天モバイルへのMNP転入がおすすめです。

契約事務手数料・MNP転出手数料無料

楽天モバイルでは最低利用期間の設定は無く、契約解除に伴う違約金もかかりません。他社に乗り換えをしたい場合、MNP転出手数料無料である点もうれしいポイントです。

MNP転入時の契約事務手数料も発生しないため乗り換えでの負担がほとんどない格安SIMといえます。

ただしオプションサービスは日割り計算となるものと満額請求となるものがあります。スマートフォンなど製品の残債は解約後も支払い義務が残るので、ご注意ください。

【au・ドコモ・ソフトバンクから乗り換え】楽天モバイルにMNP転入する手順

大手キャリアから楽天モバイルにMNP転入する際、どのような手順でおこなうのでしょうか。

今回は、以下3社のMNP転入の手順を紹介します。

順番に確認していきましょう。

auから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順

auから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順は、次のとおりです。

商品が届いたら、MNP開通手続きを楽天モバイルの会員専用サイトでおこなうのを忘れないようにしてみてください。

ドコモから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順

ドコモから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順は、次のとおりです。

MNP予約番号は、ドコモショップでの店頭受付も可能です。自分に合った方法を使って、MNP予約番号を取得してみてください。

ソフトバンクから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順

ソフトバンクから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順は、次のとおりです。

楽天モバイルでのMNPの開通手続きが完了すると、自動的にソフトバンクとの契約も切れるようになっています。

そのため、時間を置いてチェックしてみてください。

【お得に乗り換え】楽天モバイルにMNP転入で利用できるキャンペーン

楽天モバイルのキャンペーン申し込み方法
「Rakuten UN-LIMIT VI」
プラン料金3カ月無料キャンペーン
・オンライン
・店舗
iPhone発売記念キャンペーン・オンライン
・店舗
【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】
だれでも5,000ポイントプレゼント
・オンライン
・店舗
お持ちのスマホそのままで、
他社から乗り換え(MNP)の方限定!

通常のRakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典にくわえて、
さらに15,000ポイントプレゼントキャンペーン
・オンライン
・店舗
Rakuten UN-LIMIT VI +
製品購入でポイント還元キャンペーン
・オンライン
・店舗
Rakuten Hand
19,999ポイントプレゼントキャンペーン
・オンライン
・店舗
アンケート回答で
1ポイントバックキャンペーン
・オンライン
・店舗
Rakuten WiFi Pocket
だれでも0円お試しキャンペーン
・オンライン
・店舗
【iPhone発売開始キャンペーン】
楽天モバイル公式
楽天市場店でiPhoneを注文

Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みでポイント10倍
・オンライン
・店舗
スマートフォンアクセサリ送料全品無料オンライン
楽天モバイルの対象サービス
ご契約者はポイント + 1倍
オンライン
楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を
はじめてお申し込みで1,000ポイントプレゼントキャンペーン
オンライン
楽天モバイルキャリア決済
ご利用者はポイント + 0.5倍
オンライン
「Rakuten UN-LIMIT VI」ご利用者対象
楽天モバイルキャリア決済リリース記念!
お支払い金額の10%分の楽天ポイント還元キャンペーン
オンライン
楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン・オンライン
・店舗
Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン・オンライン
・店舗
楽天モバイルショップ限定!
お友だちやご家族と一緒にお申し込みいただくと
お買いものパンダ特製トランププレゼント!
店舗

ここでは、現在実施されている楽天モバイルのキャンペーン・キャッシュバック特典を紹介します。

楽天モバイルでは2021年4月よりMNP転入でも利用できる「プラン料金3カ月無料キャンペーン」を実施しています。

最大3,278円(税込)が3カ月分無料で楽しめるため、お試し期間としての活用もおすすめです。また最大20,000円相当分のポイントがもらえるキャンペーンも実施中。

どちらも新規契約のMNP転入であれば適用できる特典になるので手持ちの機種を確認してみてください。

さらにMNP転入で乗り換えて「楽天ひかり」に同時に申し込めば「楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン」が利用できます。

「楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン」は集合住宅でも戸建てでも1年間の基本料が無料となるお得なプログラムです。

インターネットとのセットプランを検討している人はぜひチェックしてみてください。

楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)でよくある質問

最後に楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)でよくある質問を見ていきましょう。

今回は、以下4つの質問を解説していきます。

どのような回答になるのか確認してみてください。

DMMモバイルから楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順は?

DMMモバイルから楽天モバイルにMNP転入する手順は、次のとおりです。

DMMモバイルでのMNP転出手続きはマイページを経由すればパソコンやスマホ、タブレットからの取得が可能です。

申し込み前には対応機種であることを必ず確認してみてください。

楽天モバイルから他社にMNP転出する手順は?タイミングはいつがいい?

楽天モバイルから他社に乗り換える際のMNP転出手順は以下のとおりです。

楽天モバイルには最低利用期間や違約金がないため、負担がかかるタイミングはありません。

ただし満額請求となるオプションや従量課金制のプランから、月末にかけて解約したほうがお得です。

eSIMの場合、楽天モバイルにMNP転入でかかる時間は?開通手続きが進まないときは?

楽天モバイルではeSIM対応製品でもeKYCを利用して申し込むことが可能です。ただし、MNP転入でかかる時間は審査の混雑状況により1営業日程度かかることもあります。

数日経っても進まない場合には以下の要因が考えられます。

公式サイトでは要因ごとの対策を提示しているので、ぜひ参考にしてみてください。

MNP転入の予約番号の期限は?キャンセル・再発行はできる?

MNP転入の予約番号の期限は予約日を含めて15日間です。

有効期限をすぎるとエラーになるため、キャンセルして新しく再発行する必要があります。取得の手順は変わりません。

楽天モバイルにMNP転入(乗り換え)する手順まとめ

楽天モバイルへのMNP転入(乗り換え)についてまとめました。

MNP転入では、手数料や違約金が発生するケースもあるため注意してください。

楽天モバイルではさまざまなキャンペーンがあり、お得にMNP転入(乗り換え)ができます。

オンラインと店舗、自分に合った方法で楽天モバイルへのMNP転入(乗り換え)を進めてみてください。