Android

Androidのおすすめ6選を比較【2021年11月】売れ筋ランキングからわかる人気機種も!

Androidのおすすめを紹介します。

Androidのおすすめについて知りたい方は参考にしてみてください。


【最新情報】
ソフトバンク秋冬モデル2021-22の新作機種4選!お得に購入・機種変更する方法をチェック!

ソフトバンク秋冬モデル2021-22の最新機種まとめ!新作Androidをお得に購入する方法

Androidのおすすめの選び方・比較ポイント

まずは、Androidのおすすめの選び方・比較ポイントについて確認していきましょう。

具体的に以下3つの内容を紹介します。

順番に見ていきます。

値段を比較|同じ端末でもキャリアによって販売価格が違うので注意

Androidを価格で選ぶなら、比較すべきポイントは次のとおりです。

Androidスマートフォンは、まったく同じ機種であっても、キャリアによって販売価格が大きく異なります。

たとえば、2021年に発売されたばかりの最新機種「Xperia 1 Ⅲ」を例に挙げると、販売価格は次のとおりです。

※2021年12月時点の金額を記載しています

上記金額はキャンペーンを考慮しない場合の金額ですが、キャリアによって3万円以上の価格差があります。

ほかの機種でも同様のことが起こり得るので、気になるAndroidスマホがある場合は、各キャリアの価格を比較してから選ぶことをおすすめします。

機種の性能を比較|価格に応じて端末スペックが大きく変わる

Androidの性能やスペック面で選ぶなら、比較すべきポイントは次のとおりです。

Androidスマートフォンは、iPhoneに比べてカスタマイズ性が高く、自分好みのスペックの端末を選べることが特徴です。

ほとんどのAndroid端末では、Qualcomm社の「Snapdragon」シリーズをCPUとして採用しており、数字が大きい端末ほど高性能です。

また、端末のメモリを表す「RAM」や、ストレージ容量を表す「ROM」に関しても、数字が大きくなるほど性能が高くなります。

性能が高い機種ほど、それに応じて価格も高騰する傾向にあるので、自分が求めるスペックを把握した上で端末を選ぶのがおすすめです。

サイズや持ちやすさを比較|自身の使い方にあわせて小型・大型を選択しよう

Androidのサイズ感や持ちやすさで選ぶなら、比較すべきポイントは次のとおりです。

Androidスマートフォンは、機種やメーカーによって、本体サイズの形状や大きさが様々です。

たとえば、ソニーが手掛ける「Xperiaシリーズ」は端末本体が長細くなる傾向にあり、Samsungの「Galaxyシリーズ」は折りたたみ機構などのギミックがあります。

また、高スペックな端末はより多くの機能が搭載されるためか、本体サイズが大きくなりがちな印象です。

これらの理由から、「動画視聴やゲームアプリを大画面で楽しみたい」「コンパクトで持ちやすい端末がほしい」など、ご自身の使い方にあわせて、端末本体のサイズ感を選ぶのがおすすめです。

【5万円未満で比較】Androidのおすすめ2選

ここでは、5万円未満でおすすめのAndroidを紹介します。

具体的には、以下2つの機種について見ていきましょう。

どのような機種なのか順番に確認していきます。

AQUOS sense5G|5G対応で3万円台から購入できる良コスパモデル

端末・機種名AQUOS sense5G
メーカーSHARP
カラーライトカッパー、ブラック、オリーブシルバー
OSAndroid™ 11
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G Mobile Platform 2.0GHz×2+1.7GHz×6 オクタコア
ディスプレイ約5.8インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM)4GB/64GB
カメラメインカメラ(広角):有効画素数 約1,200万画素 CMOS
メインカメラ(標準):有効画素数 約1,200万画素 CMOSメインカメラ(望遠):有効画素数約800万画素 CMOSサブ(イン)カメラ:有効画素数約800万画素 CMOS
バッテリー容量4,570mAh
サイズ約148mm×約71mm×約8.9mm
重量約178g
SIMサイズnanoSIM×2

AQUOS sense5Gは、ドコモ・au・ソフトバンクで購入できるシャープ製のスマートフォンです。

5G対応でありながら、価格は3万円台で購入可能な良コスパモデルとなっています。

片手で扱いやすいコンパクトなサイズ感で、指紋が付きにくいメタリックな筐体を採用。

省エネ効率の高いIGZOディスプレイ搭載に加え、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、驚異のバッテリー持続時間を実現しています。

画面分割ボタンが付いているので、ながら操作もしやすく、日常使いで困ることのない万能スマホです。

arrows Be4 Plus|端末本体を丸ごと洗えて衝撃に強い日本製スマホ

端末・機種名arrows Be4 Plus
メーカーFCNT株式会社
カラーレッド、ホワイト、ブラック
OSAndroidTM 11
CPUSnapdragon 460
1.6GHz+1.8GHz
オクタコア
ディスプレイ約5.6インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM)4GB/64GB
カメラアウトカメラ:約1310万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー容量3600mAh
サイズ約148(H)×約71(W)×約9.4(D)mm
重量約160g
SIMサイズnanoUIM

arrows Be4 Plusは、ドコモだけで販売されているスマートフォンです。

富士通が開発した日本製スマホで、ハンドソープや食器用洗剤で端末本体を丸ごと洗える耐水性や、約1.5mの高さから落としても割れにくい耐衝撃性に優れています。

また、コンパクトで扱いやすいサイズ感で、重量も160gとスマホのなかで比較的軽い部類に入るので、取り回しやすいことも特徴です。

さらに、販売価格は2万円台と非常に安価で、これからはじめてスマホを持つお子様やシニアの人の入門機としておすすめできます。

【5〜10万円未満で比較】Androidのおすすめ2選

ここでは、5〜10万円未満でおすすめのAndroidを紹介します。

具体的には、以下2つの機種について見ていきましょう。

どのような機種なのか順番に確認していきます。

Xperia 10 Ⅲ|5G対応で価格とスペックのバランスがいい万能モデル

端末・機種名Xperia 10 Ⅲ
メーカーSONY
カラーブラック、ホワイト、ブルー、ピンク
OSAndroid™ 11
CPUQualcomm® Snapdragon™690 5G Mobile Platform
ディスプレイ約6.0インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM)6GB/128GB
カメラメイン:16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2
27mm(広角):有効画素数約1200万画素/F値1.8
54mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4フロント:有効画素数約800万画素/F値2.0
バッテリー容量4500mAh
サイズ約68mm×約154mm×約8.3mm
重量約169g
SIMサイズデュアルSIM

Xperia 10 Ⅲは、ドコモ・au・ワイモバイルで購入可能なソニー製のスマートフォンです。

Xperiaシリーズに見られる縦長の筐体を採用し、手の小さい人でも扱いやすいスリムなモデルとなっています。

約6インチの有機ELディスプレイを搭載しており、ミドルスペックの端末としては非常に美しい画面表示を実現。

4,500mAhのXperia史上最大バッテリーのおかげで、長時間の使用でも電池持ちを心配する必要がありません。

販売価格は5万円台から。昨今のスマホ業界のなかでは標準的な価格帯で、価格とスペックのバランスに優れた万能モデルといえます。

Galaxy A52 5G|4眼カメラ搭載ながら5万円台で購入できる大人気シリーズ

端末・機種名Galaxy A52 5G
メーカーサムスン電子株式会社
カラーオーサムバイオレット、オーサムホワイト、オーサムブラック
OSAndroidTM 11
CPUSnapdragon 750G
2.2 GHz + 1.8 GHz
オクタコア
ディスプレイ約6.5インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM)6GB/128GB
カメラアウトカメラ:約6400万画素/約1200万画素/約500万画素/約500万画素

インカメラ:約3200万画素

バッテリー容量4500mAh
サイズ約160(H)×約75(W)×約8.4(D)mm
重量約188g
SIMサイズnanoUIM

Galaxy A52 5Gは、ドコモだけで販売されているSamsung製のスマートフォンです。

最大の特徴は、広角・超広角・マクロ・深度測位の4つのレンズが搭載されたクアッドカメラで、手軽に高精彩な写真撮影ができます。

CPUはSnapdragon 720G、メモリは6GBと標準スペック以上の性能に加え、120Hzのリフレッシュレート対応のディスプレイを搭載。

これだけの高機能ながら価格は5万円台と非常に安価なので、スマートフォンとしての普段遣いにおいて、一切の不満を感じさせないスマホといえるでしょう。

【10万円以上で比較】Androidのおすすめ2選

ここでは、10万円以上でおすすめのAndroidを紹介します。

具体的には、以下2つの機種について見ていきましょう。

どのような機種なのか順番に確認していきます。

Xperia 1 Ⅲ|全世界初の4K120Hzのリフレッシュレート対応スマホ

端末・機種名Xperia 1 Ⅲ
メーカーSONY
カラーフロストブラック、フロストグレー、フロストパープル
OSAndroid™ 11
CPUQualcomm®Snapdragon™888 5G Mobile Platform
ディスプレイ約6.5インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM)12GB/256GB
カメラメイン:16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.224mm

(広角):有効画素数約1220万画素/F値1.770mm・105mm

(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.3・2.83D iToF

センサーフロント:有効画素数約800万画素/F値2.0

バッテリー容量4500mAh
サイズ約71mm×約165mm×約8.2mm
重量約188g
SIMサイズnano-SIM

Xperia 1 Ⅲは、2021年7月9日に発売されたばかりの最新機種、ドコモ・au・ソフトバンクで購入できるソニー製のスマートフォンです。

画面ディスプレイは、全世界初の4K120Hzのリフレッシュレートに対応。Xperia 1 ⅢならiPhone並みにサクサクと操作できます。

背面には、超広角・広角・2種類の望遠レンズユニットが搭載されており、望遠レンズは世界初の可変式機構を搭載。

この一台で様々な距離感の写真撮影が可能なので、どのようなシチュエーションでも高い満足度の写真や動画が撮影可能です。

Xperiaシリーズ特有の縦長ボディで片手操作もしやすく、防水防塵対応、Felica搭載、ワイヤレス充電可能など、日常使いであると便利な機能が盛りだくさんです。

価格が非常に高価ながら、それでも納得の行く満足感のある機種なので、お金に余裕がある人は真っ事前に検討してほしいスマートフォンといえます。

AQUOS R6|ライカ監修の高機能カメラを搭載した高性能スマホ

端末・機種名AQUOS R6
メーカーSHARP
カラーブラック、ホワイト
OSAndroid™ 11
CPUQualcomm® Snapdragon™ 888 5G Mobile platform 2.8GHz+1.8GHz オクタコア
ディスプレイ約6.6インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM)12GB RAM / 128GB ROM
カメラアウトカメラ:
有効画素数 約2,020万画素F値1.9レンズインカメラ:
有効画素数 約1,260万画素F値2.3レンズ
バッテリー容量5,000mAh
サイズ約74 × 162 × 9.5mm
重量約207g
SIMサイズNano SIM

AQUOS R6は、ドコモとソフトバンクで発売中のシャープ製の高機能スマートフォンです。

最大の特徴は、ドイツの老舗メーカーで超名門の「ライカ社」が監修した、1型センサー搭載の大型単眼カメラです。

これまでのスマホに搭載されたものに比べて、およそ5倍もの大型センサーを搭載したことで集光率が格段に向上。

従来のスマートフォンでは考えられないほどの重厚感や、光のボケ感がある美しい撮影を可能としています。

また、6.6インチの有機ELディスプレイ「Pro IGZO OLED」は、なめらかで残像を抑えたクリアな表示と、省エネ性能を両立させた世界初のディスプレイです。

さらに、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、ディスプレイ本体の省エネ効率の高さも相まって、数日間の連続使用が可能なほどの驚異のバッテリー持ちを実現しています。

5G対応のハイエンドスマホとしてカメラ以外も高機能なので、写真を撮影する以外の使い方でも申し分のない一台といえます。

目的・用途別で比較!おすすめAndroid21選【どれがいい?】

目的・用途別におすすめのAndroidを紹介します。

具体的には、以下7つの内容を見ていきましょう。

それぞれ順番に確認していきます。

【2021年最新機種を比較】Androidのおすすめ3選

2021年に発売されたばかりの最新機種を購入したい人におすすめのモデルは、次のとおりです。

日本国内では、2020年3月頃より大手キャリアで5G対応のサービスがリリースされています。

そのため、各メーカーで5G通信に対応しながらも様々な機能を搭載したAndroidスマホが登場しています。

そのなかでも、2021年に発売されたばかりの上記の機種は、コスパに優れていたり、スペック面が突出していたりなどの特徴のある機種ばかりです。

各キャリアの乗り換えキャンペーンを駆使すると、10万円を超えるハイエンドスマホも割安な価格で購入できるようになるので積極的に活用してみてください。

【初心者向けで比較】はじめての人におすすめなAndroid3選

これからはじめてスマホを購入する人におすすめのモデルは、次のとおりです。

お子様やシニアの人ではじめてスマートフォンを使う場合には、いきなり5万円以上の高スペックモデルは不要です。

昨今のAndroidスマホは、操作性に優れながらも2万円台から購入できる端末が数多く登場しています。

メールのやりとりやWebサイトの閲覧、SNSなどの利用程度であれば必要十分なスペックを有しているので、安価な端末で操作性に慣れることからはじめるのがおすすめです。

【ゲームアプリ重視で比較】Androidのおすすめ3選

ゲームアプリを楽しみたい人におすすめのモデルは、次のとおりです。

ゲームアプリ重視でAndroidスマホを選ぶ場合は、画面サイズにくわえて、搭載のCPUやRAM(メモリ)にもこだわりたいところ。

Andoroidスマホのなかには「ゲーミングスマホ」と呼ばれる、ゲームアプリを快適に楽しむための機能が盛りだくさんの端末もあります。

高性能な反面、販売価格が10万円前後となるケースも多いので、各キャリアや家電量販店のキャンペーンを駆使してから購入してみてください。

【料金・コスパを比較】Androidのおすすめ3選

料金・コスパ重視でAndroidを購入したい人におすすめのモデルは、次のとおりです。

昨今のAndroidスマートフォンは、3万円以下の価格で購入できるモデルも数多く登場しています。

もともとの販売価格が安い上に、乗り換えキャンペーンなどが適用可能なケースも多いので、実質負担がさらに安くなることも珍しくありません。

iPhoneと比較すると、Androidスマホは適用可能なキャンペーンが多いので有効的に活用してみてください。

【本体サイズを比較】小さくて持ちやすい!おすすめAndroid3選

小さくて持ちやすいAndroidを使いたい人におすすめのモデルは、次のとおりです。

本体サイズで比較する場合は、できれば実機を触ってみるのが一番です。

ただ、どうしても実機を触れない場合には、日本円のお札を例に大きさを測ってみるのがいいでしょう。

たとえば、千円札は「縦76×横150mm」、一万円札は「縦76×横160mm」と大きさが決まっています。

Androidスマホを本体サイズで比較したい場合は、スペック表を確認しながら、手持ちのお札と比べてみるのがおすすめです。

【スペックを比較】高性能なおすすめAndroid3選

高性能・スペック重視でAndroidを選びたい人におすすめのモデルは、次のとおりです。

Androidスマホをスペック面で比較する際は、CPU・RAM・ROMといった端末に搭載されているプロセッサーをチェックしてみてください。

搭載されているプロセッサーの数字が大きければ大きいほど、複数アプリの同時起動といった重い処理もスムーズに行なえます。

高スペック端末はその分、価格も高騰する傾向にあるので、大手キャリアの乗り換えキャンペーンを活用するのがおすすめです。

【カメラ機能を比較】綺麗な写真が撮影できる!Androidのおすすめ3選

最後に、カメラ機能でAndroidを選びたい人におすすめのモデルをご紹介します。

カメラ性能をチェックする際は、カメラの画素数にくわえてレンズの数、どういった機能を有しているかで選んでみてください。

昨今のAndroidスマホは、スペック面はもちろんのこと、カメラ性能にも力を入れています。

SNSにアップされている実際の写真や映像をチェックしてから、購入する端末を選ぶのがおすすめです。

おすすめのAndroid割引キャンペーンを比較【キャッシュバックはある?】

ここでは、おすすめのAndroid割引キャンペーンを比較していきましょう。

具体的には、以下4つの内容を紹介します。

順番に確認していきましょう。

ドコモのAndroidを買うなら|キャンペーンとお得な購入方法

キャンペーン期間
5G WELCOME割2020年3月25日〜終了時期未定
機種購入割引2021年6月21日〜終了時期未定
端末購入割引2019年10月12日〜終了時期未定
スマホおかえしプログラム2019年6月1日〜終了時期未定
下取りプログラム終了時期未定

 

ドコモのAndroidを買う際に利用可能なキャンペーンは、上記のとおりです。

ドコモオンラインショップでAndroidスマホを購入する場合、5G対応機種を選ぶと、最大で22,000円の割引が適用されるキャンペーンが実施されています。

また、特定の機種を購入すると適用される大幅な割引キャンペーンも実施中なので、キャンペーン情報には目を光らせてみてください。

高スペックのスマホは価格が10万円を超えるケースも珍しくないので、ドコモへのMNP乗り換えで適用されるキャンペーンを積極的に活用することをおすすめします。

ソフトバンクのAndroidを買うなら|キャンペーンとお得な購入方法

キャンペーン期間
【オンライン限定】web割2020年3月12日〜終了時期未定
トクするサポート+終了時期未定
下取りプログラム終了時期未定

 

ソフトバンクのAndroidを買う際に利用可能なキャンペーンは、上記のとおりです。

ソフトバンクオンラインショップでは、ソフトバンクへのMNP乗り換えで適用可能な「WEB割」を実施中です。

一部のAndroidスマホが21,600円割引で購入できるチャンスなので、これからソフトバンクに乗り換えようと考えている人は、必ず一度は適用条件に目を通してみてください。

なお、ソフトバンクで販売されているAndroid端末は、ドコモやauに比べて、元々の販売価格が高めに設定されています。

ほかの携帯キャリアでも購入できるAndroidスマホの場合、数万円以上の価格差があることも珍しくありません。

ソフトバンクで購入する場合は、他キャリアとの価格差をしっかりと比較した上で購入してみてください。

auのAndroidを買うなら|キャンペーンとお得な購入方法

キャンペーン期間
5G機種変更おトク割2020年12月1日〜終了時期未定
au Online Shopお得割2020年4月1日〜終了時期未定
Galaxy機種変更おトク割2020年12月24日〜終了時期未定
BASIOとりかえ割2020年9月1日〜終了時期未定
かえトクプログラム終了時期未定
下取りプログラム終了時期未定

auのAndroidを買う際に利用可能なキャンペーンは、上記のとおりです。

auオンラインショップでは、他社からauへのMNP乗り換えで最大22,000円の割引が適用されるキャンペーンを実施中です。

また、特定機種への機種変更や、新規契約でも11,000円の割引が適用されるなど、ほかの携帯キャリアに比べて割引特典が充実しています。

SIMカードの単体契約でも10,000円のキャッシュバックを実施しているので、メーカーサイトで購入したSIMフリーのAndroidスマホを使って、持ち込み新規契約をするのもおすすめです。

楽天モバイルのAndroidを買うなら|キャンペーンとお得な購入方法

キャンペーン期間
Rakuten UN-LIMIT Ⅵお申し込みキャンペーン2020年12月8日〜終了時期未定
AQUOS sense4 lite 25,000ポイントプレゼント終了時期未定
OPPO A73 25,000ポイントプレゼント終了時期未定
Rakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーン終了時期未定
スマホ下取りサービス終了時期未定
【楽天市場】スマホSELECTION終了時期未定

楽天モバイルでAndroidを買う際に利用可能なキャンペーンは、上記のとおりです。

第4の携帯キャリアとしてサービスをリリースした「楽天モバイル」でも、Androidスマホのセット購入ができます。

最大25,000ptの楽天スーパーポイントが受け取れるので、ほかの携帯キャリアと比較すると、還元額としては抜群のお得なキャンペーンを実施していることが特徴です。

さらに、楽天モバイルオリジナル端末の「Rakuten○○シリーズ」は、CPUとしてSnapdragonシリーズを搭載しながら、実質1円で購入できるケースも珍しくありません。

コスパ重視でAndroidスマホを購入したい人は、特典が充実している楽天モバイルで購入するのがおすすめです。

どれが評判いい?Android売上ランキングを徹底調査【今買うべき売れ筋は?】

売れ筋ランキングドコモauソフトバンク楽天モバイル
1位Xperia 1 ⅢXperia 1 ⅢAQUOS sense5GAQUOS sense4 lite
2位Xperia Ace ⅡXperia 10 ⅢPixel 4a(5G)OPPO Reno3 A
3位Xperia 10 ⅢAQUOS sense5GRedmi Note 9TOPPO A73

Androidの売上ランキングを徹底調査しました。

Androidの購入を検討中の人は、以下の売れ筋ランキングを参考にして評判のいいモデルをお買い求めください。

各キャリアで販売中のAndroidスマホ人気ランキングを見ると、全体を通して「Xperiaシリーズ」が人気であることが伺えます。

また、価格が安価ながら、良スペックモデルを数多く排出する中国メーカー「OPPOシリーズ」も人気を博しています。

なお、各キャリアで適用可能なキャンペーンは異なりますが、基本的には「他社からのMNP乗り換えで2万円程度の割引」が適用されるケースが多い印象です。

いま使っている携帯キャリアから他社に乗り換えても問題ない人は、キャリアを変更すると安い価格でAndroidスマホを購入できるようになるのでおすすめです。

Androidでよくある質問

最後にAndroidでよくある質問を確認していきましょう。

具体的に、以下2つの質問に回答していきます。

どのような回答になるのか見ていきましょう。

「Androidスマホ」と「iPhone」を比較すると、なにが違う?

機種メリットデメリット
Androidスマホ・端末の種類が豊富
・自分好みのスペックの端末が選べる
・操作性に癖がある
・ある程度スマホ操作に慣れている必要がある
iPhone・直感的な操作性が売り
・わからないことがあってもネットで調べれば解決可能
・iPhoneの販売価格が高い
・Androidに比べて使えない機能が多いケースがある(Felicaなど)

AndroidスマホとiPhoneを比較した際の違いは、主に次の点が挙げられます。

iPhoneとAndroidスマホの最大の違いは「OS」にあります。

iPhoneはAppleが開発した「iOS」を採用しており、AndroidはGoogleが開発した「Android OS」を採用しています。

搭載しているCPUにも違いがあり、iPhoneは自社開発の「A○ Bionic」、AndroidはQualcomm社の「Snapdragon○○」シリーズを搭載しているのが一般的です。

iPhoneはストレージ容量以外のカスタマイズ性がなく、シンプルで直感的な操作性が売りのスマートフォンです。

一方のAndroidは、端末によってスペック面が異なるので、自分の好みに合わせたカスタマイズ性の高さが特徴といえます。

「キャリア版」と「SIMフリー版」を比較すると、なにが違う?

機種メリットデメリット
キャリア版・初期設定が不要・SIMロックがかかっている
・キャリア独自のスマホアプリがインストールされている
・価格が高い
SIMフリー版・SIMロックがかかっていない
・どの携帯キャリアのSIMカードでも利用可能
・キャリア版より価格が安い
・購入経路が限定的(メーカーサイトまたはECサイトのみなど)

キャリア版とSIMフリー版を比較した際の違いは、主に次のとおりです。

キャリア版とSIMフリー版の最大の違いは、「SIMロック」の有無です。

SIMロックとは、キャリアで購入した端末に設定されている「自社のSIMしか認識しないようにするためのロック」のことです。

たとえば、ドコモのSIMロックがあるAndroid端末に、ソフトバンクのSIMカードを挿しても認識されないのでデータ通信ができません。

SIMフリー版は、そもそもSIMロックがかけられていない状態のAndroid端末なので、どの携帯キャリアのSIMカードも認識して利用できます。

その他、キャリア版で購入した端末には各キャリアの独自のスマホアプリが最初からインストールされているケースがあります。

まとめ:Androidのおすすめは人それぞれ!比較して選んでいこう!

Androidについてまとめました。

Androidのおすすめは、用途によって異なります。

割引キャンペーンをおこなっているキャリアもあるため、お得に購入が可能です。

それぞれ比較をして、自分にとっておすすめのAndroidを購入してみてください。