光回線

【20社比較】光回線のおすすめがひと目でわかる!損をしないための選び方

2021年4月更新!光回線のおすすめ最新情報!

自宅でインターネットを使うために必要な「光回線」。フレッツ光・ドコモ光・auひかりなど種類がたくさんあるので、どれがおすすめなのか悩んでしまうでしょう。

しかし実は、「スマホの機種に合わせて選ぶ」だけで、あなたにぴったりの光回線を見つけることができます。

そこで今回は、人気プロバイダ20社を徹底比較。スマホ別に光回線のおすすめをまとめてみました!

光回線を1年かけて比較
そもそも光回線は、キャンペーン内容が毎月変わります。また通信速度や繋がりやすさなどの項目もあるので、おすすめを見つけるのは大変でしょう。

なので編集部では、1年かけて徹底比較したデータを特別に公開しました!おすすめの光回線を比較する際には、ぜひ参考にしてみてください。

結論!全20社を比較したおすすめ光回線はこれ!

光回線の最安値を比較

まずは全20社を比較した結果と、光回線のおすすめをまとめてみました。

今月お得に契約できるのは、以下の通りです。月額料金・通信速度・工事費用・キャンペーンなどを、総合的に評価しています。

今月おすすめの光回線
【クリックで該当箇所に移動します】
ドコモ光ドコモユーザーにおすすめの光回線
キャンペーン特典が充実している
auひかりauユーザーにぴったりの光回線
高額キャッシュバックでお得
ビッグローブ光auひかりが使えないときにおすすめ
料金プランが安くてコスパが良い
NURO光ソフトバンクユーザーにおすすめ
通信速度にこだわりたい方にも
ソフトバンク光ソフトバンク光が使えないときにおすすめ
乗り換え費用も負担してもらえる

特に月額料金の安さでは、NURO光とauひかりがおすすめです。ドコモユーザーなら、スマホ割引のあるドコモ光が最安になります。

また通信速度の速さでも、NURO光とauひかりが高評価でした。ただし提供エリアが限定的なので、快適に使えるソフトバンク光や、ビッグローブ光も検討してみてください。

おすすめの光回線20社を比較した結果
光回線月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
3年総額目安キャンペーンスマホ割引
(月額)
通信速度提供エリア
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
3,740円
〜5,500円
戸建て121,500円
マンション58,140円〜
CB:最大60,000円
工事費無料など
auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均354.46Mbps
東海・関西の戸建ては
エリア外
ビッグローブ光5,478円4,378円戸建て145,988円
マンション106,088円
CB:最大22,000円
工事費無料など
auセット割
(最大1,320円割引)
最大1Gbps
下り平均206.75Mbps
全国エリア
NURO光5,217円2,090円
〜2,750円
(導入マンションのみ)
戸建て126,322円
マンション13,740円〜
CB:最大45,000円
工事費無料など
ソフトバンクおうち割
(約1,100円割引)
最大2Gbps
下り平均419.31Mbps
北海道・関東・東海
関西・九州の一部
So-net光プラス6,138円
(1年間は5,038円)
4,928円
(1年間は3,828円)
戸建て174,368円
マンション130,808円
CB:最大28,000円
月額割引など
auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均231.49Mbps
全国エリア
eo光5,448円
(最初12ヶ月は3,562円)
3,876円〜
(最初24ヶ月は3,326円〜)
戸建て134,725円
マンション87,050円〜
商品券10,000円分
工事費無料など
auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均348.87Mbps
関西地方のみ
ドコモ光5,720円4,400円戸建て147,620円
マンション100,100円
CB:最大20,000円
工事費無料など
ドコモ光セット割
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均260.41Mbps
全国エリア
メガ・エッグ4,620円3,520円戸建て161,452円
マンション105,220円
CB:最大15,000円
工事費無料など
auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均350.34Mbps
中国地方のみ
BBIQ
(ビビック)
5,170円
(最初12ヶ月は4,070円)
4,510円
(最初12ヶ月は3,410円)
戸建て147,300円
マンション111,660円
商品券10,000円分
九電セット割引など
auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均279.43Mbps
九州地方のみ
ASAHIネット光5,698円
(最初24ヶ月は5,170円)
4,488円
(最初24ヶ月は4,180円)
戸建て178,288円
マンション131,428円
工事費無料auセット割
(最大1,320円割引)
最大1Gbps
下り平均184.05Mbps
全国エリア
DTI光5,280円3,960円戸建て152,160円
マンション121,896円
CB:最大15,000円auセット割
(最大1,320円割引)
最大1Gbps
下り平均160.33Mbps
全国エリア
ピカラ光5,390円4,070円戸建て154,240円
マンション106,720円
商品券20,000円分
工事費無料など
auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均343.31Mbps
四国地方のみ
ソフトバンク光5,720円4,180円戸建て158,420円
マンション110,108円
CB:最大38,000円
乗り換え特典など
ソフトバンクおうち割
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均220.74Mbps
全国エリア
@nifty光5,720円
(最初30ヶ月は5,060円)
4,378円
(最初30ヶ月は3,828円)
戸建て150,796円
マンション107,104円
CB:最大30,000円auスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均160.06Mbps
全国エリア
楽天ひかり5,280円4,180円戸建て184,360円
マンション141,460円
CB:19,000円
工事費無料など
なし最大1Gbps
下り平均189.28Mbps
全国エリア
ぷらら光5,280円3,960円戸建て174,880円
マンション155,740円
CB:最大35,000円なし最大1Gbps
下り平均192.81Mbps
全国エリア
コミュファ光6,105円
(光電話込み)
6,105円
(光電話込み)
戸建て182,270円
マンション121,070円
工事費無料などauスマートバリュー
(約1,100円割引)
最大1Gbps
下り平均441.62Mbps
東海地方・群馬県のみ
OCN光6,820円
(3年間は5,115円)
5,170円
(3年間は3,740円)
戸建て185,060円
マンション130,360円
CB:最大33,000円格安スマホ割引
(月額330円割引)
最大1Gbps
下り平均185.82Mbps
全国エリア
エキサイト光4,796円3,696円戸建て193,556円
マンション150,656円
なしなし最大1Gbps
下り平均153.82Mbps
全国エリア
フレッツ光
東日本/西日本
5,940円〜
(最初30ヶ月は4,840円)
プロバイダ料金:550円〜
3,355円〜
プロバイダ料金:550円〜
戸建て216,700円〜
マンション172,546円〜
なしなし最大1Gbps
下り平均204.05Mbps
全国エリア
U-NEXT光
(U-Pa!)
4,620円
プロバイダ料金:1,188円
3,498円
プロバイダ料金:1,133円
戸建て240,988円
マンション198,616円
なしなし最大1Gbps
下り平均99.17Mbpss
全国エリア

※CB(キャッシュバック)の金額は、時期によって異なります。
※利用地域や回線により、別途費用がかかる場合があります。
※通信速度は「みんなのネット回線速度」を参考にしています。
※スマホ割引のために光電話の契約が必要な場合は、その料金もプラスしています。
※「3年総額」=「初期費用(新規)」+「工事費用」+「36ヶ月分の月額料金」-「キャンペーン割引」-「スマホ割引」

失敗しない!おすすめの光回線の選び方

光回線を選ぶときには、以下のポイントが重要です。後悔しないためにも、契約する前に確認しておきましょう。

クリックすると該当箇所に移動します。

1、月額ではなく総額でお得になるか

光回線を長期契約するメリット
出典:GMOとくとくBB「ドコモ光

光回線の契約期間は、2年または3年更新が一般的となっています。長く使うものなので、月額料金よりも、総額が安いものを選ぶのがおすすめです。

また長期プランで割引される光回線なら、通常プランよりも光回線の月額が安くなったり、キャンペーン特典が増えたりします。

一方で、最初だけ格安の料金設定になっており、一定期間が過ぎると月額が高くなるところもあるので気をつけましょう。

参照:「1番安い光回線の最安プランを調査!

2、スマホのセット割引があるか

スマホ割引の説明

スマホ割引のある光回線を選ぶと、スマホ料金が安くなります。割引金額は月額1,000円ほどで、携帯会社を乗り換えない限りずっと続くのが特徴です。

どのスマホが安くなるのかは、光回線ごとに決まっています。すべての光回線にスマホ割引があるわけではないので、まずは自分のスマホが割引されるものを探してみると良いでしょう。

スマホ割引の手続きは、光回線を契約したあとに行います。ネットからでも、携帯ショップの窓口からでも両方できますよ。

参照:「光回線とスマホのセット割引を解説!

3、通信速度や繋がりやすさは問題ないか

通信速度の速さ

一般的な光回線では、最大1Gbpsのプランで契約できます。自宅でネット検索をしたり、動画を視聴したりする分には、問題なく使える通信速度です。

しかし光回線を契約するプロバイダによって、通信速度が低速になる可能性もあります。そのため、実際の速度(実測値)で比較することが重要です。

また最新の接続方式「IPv6」に対応しているかによっても、通信速度は変わってきます。なので基本料金の安さだけを見て、光回線を選ばないようにしましょう。

参照:「光回線の通信速度を実際に測定!

4、キャンペーンは内容と条件を比較

光回線のキャンペーン特典

光回線のキャンペーンの内容は、CB(キャッシュバック)、乗り換え特典、工事費無料などさまざまです。特典が豊富に用意されているほど、お得な光回線と言えます。

しかし、指定オプションの追加が条件になっている場合もあるので注意が必要です。実際に、「知らないオプションの料金を毎月支払っていた」などのトラブルもあります。

特に、キャッシュバック金額が100,000円以上と書かれているところは、適用条件をしっかり確認しましょう。使わないオプションを、無理に契約する必要はありません。

参照:「キャンペーンがお得な光回線を調査!

5、提供エリアを確認しておくと安心

NURO光の提供エリア

ほとんど光回線は、全国に対応しています。一部の光回線だと提供エリアが限定的ですが、申込時に確認してもらえるので、そこまで心配する必要はありません。

ただし契約できない場合、別の光回線を探したり、再度手続きをする手間がかかります。自宅でWi-Fiが使えるようになるのも遅れてしまうでしょう。

なるべく早く、インターネット環境を整えるためにも、光回線の提供エリアは事前に確認しておくことをおすすめします。

参照:「光回線の提供エリアを徹底調査!

人気のある20社を比較した結果!

光回線の3年総額

次に編集部では、選び方のポイントを基準に、光回線20社を比較してみました。一戸建てと集合住宅に分けて調査しています。

ちなみに、一般的な光回線サービスでは、3世帯以下だと戸建てに分類されます。自宅がアパートの方は、光回線を比較するときに参考にしてみてください。

総額料金:「NURO光・auひかり」の総額が安い

光回線の総額の安さ

3年総額で安いのは、「NURO光」と「auひかり」でした。安さを重視した方には、特におすすめの光回線です。

またドコモ光は2年契約ですが、更新するたびにdポイント3,000ptを受け取れます。長く使うほどお得になるので、ドコモユーザーにはぴったりでしょう。

ちなみにビッグローブ光は、2年契約と3年契約を選べる仕組みになっていました。2年契約よりも、3年契約の方が安くなるので覚えておきましょう。

スマホ割引:ドコモ・ソフトバンク対象の光回線は少ない

光回線のスマホセット割引

調べてみたところ、auのスマホ割引に対応している光回線はたくさんありました。一方で、ドコモ・ソフトバンクのスマホ割引に対応している光回線は少なめです。

ちなみに、格安スマホでも月額料金は安くなります。割引料金は300円ほどですが、念のためチェックしておくと良いでしょう。

 割引対象スマホ割引のある光回線
ドコモスマホドコモ光
auスマホauひかり
ビッグローブ光
So-net光
@nifty光
朝日ネット光
DTI光
コミュファ光
eo光
メガエッグ
ピカラ光
BBIQ
ソフトバンク
スマホ
NURO光
ソフトバンク光
格安スマホビッグローブ光
OCN光

通信速度:「NURO光・ドコモ光」ならゲームも快適!

光回線の通信速度の速さ

通信速度の速い光回線ならNURO光をおすすめします。通信速度は最大2Gpbsと、ほかの光回線の約2倍を記録しており、ユーザーの口コミも高評価です。

また実際の速度を調べたところ、ドコモ光とauひかりも高速でした。もしNURO光が提供エリア外なら、検討してみてください。

ちなみにどれも、最新の接続方式「Ipv6」に対応しています。ゲームや動画を楽しみたい方には、特におすすめの光回線と言えるでしょう。

キャンペーン:光回線ごとに特典の種類が異なる

光回線のキャンペーン特典

調査した光回線の中で、キャッシュバック金額が1番お得なのはauひかりです。ネットと光電話を同時に申し込むことで、最大60,000円のキャッシュバックを受け取れます。

またNURO光だと、最大45,000円のキャッシュバックが用意されていました。ただし、時期によって異なるので注意が必要です。

乗り換え特典がもっとも充実していたのはソフトバンク光でした。解約したときの違約金や撤去工事費用など、最大100,000円まで負担してくれますよ。

提供エリア:フレッツ光の回線を借りているプロバイダは全国対応

光回線の提供エリア

NTT東日本/西日本の光ファイバー回線「フレッツ光」を利用している、光コラボのプロバイダであれば、全国が提供エリアとなっています。

一方、電力会社が運営している「電力系光回線」は、提供エリアが限られていました。またauひかりやNURO光など、独自回線を利用しているところも同じでした。

東海地方のみコミュファ光
関西地方のみeo光
中国地方のみメガエッグ
四国地方のみピカラ光
九州地方のみBBIQ
一部エリアのみauひかり
NURO光
全国対応フレッツ光
ドコモ光
ソフトバンク光など

スマホ別!光回線のおすすめを紹介!

光回線の最安値を比較

調査結果をもとに、スマホ割引のある光回線を徹底比較して、本当におすすめできる光回線5社を厳選しました!

割引されるスマホの機種は、光回線によって違うので、今回はスマホ別におすすめの光回線をまとめています。ボタンを押すと、ランキングの詳細をそれぞれ確認できますよ。

スマホ割引がない光回線と比較すると、3年総額で最大100,000円以上もお得になるので、コスパの良い光回線を探している方にもおすすめです。

【ドコモ】光回線おすすめランキング

ドコモユーザーにおすすめの光回線は、スマホの割引がある「ドコモ光」でした。

通信速度も高く評価されているので、戸建てに住んでいる方にも、マンションに住んでいる方にもおすすめします。

光回線
ランキング
戸建てマンション1ヶ月平均スマホ割引特徴
1位
ドコモ光
戸建て:4,101円
マンション:2,781円
月額220円〜
1,100円割引
唯一スマホ割引が対象になる
高速なのでネットも快適
2位
auひかり
戸建て:4,202円
マンション:2,443円〜
なしマンションタイプによってお得
5G・10Gの速度プランも
3位
NURO光
戸建て:4,058円
マンション:4,058円
なし導入済みマンションならおすすめ
通信速度が最も速い
4位
ビッグローブ光
戸建て:5,375円
マンション:4,267円
なし継続プランの契約がおすすめ
5位
So-net光プラス
戸建て:5,394円
マンション:4,184円
なし最初の1年間だけはお得

※dポイントや、Wi-Fiルーターの割引金額も合算しています。

【au】光回線おすすめランキング

auのスマホ割引がある光回線の中で、特におすすめなのが「auひかり」です。ネットと電話をセットで契約するとを、最大60,000円のキャッシュバックも受け取れます。

しかし東海・関西エリアでは、戸建てプランに契約できないので、その場合は「ビッグローブ光」がおすすめです。

光回線
ランキング
戸建てマンション1ヶ月平均スマホ割引特徴
1位
auひかり
戸建て:3,375円
マンション:1,615円〜
月額約
1,100円割引
auユーザーにおすすめの光回線
東海・関西の戸建ては契約できない
2位
ビッグローブ光
戸建て:4,055円
マンション:2,947円
月額約
1,320円割引
auひかりが使えないならおすすめ
戸建て・マンションどちらも安い
3位
eo光
戸建て:3,742円
マンション:2,418円
月額約
1,100円割引
関西限定で使える光回線
eo電気を契約中ならおすすめ
4位
@nifty光
戸建て:4,844円
マンション:3,634円
月額約
1,100円割引
総合的に比較すると劣る
5位
So-net光
戸建て:4,189円
マンション:2,975円
月額約
1,100円割引
基本料金が高いので注意

※スマホ割引のために、auひかりは光電話料金(月額550円)を追加しています。
※キャッシュバックについて、auひかりは光電話ありの金額、ビッグローブ光は光電話なしの金額で計算しています。

【ソフトバンク】光回線おすすめランキング

ソフトバンクユーザーには、高速通信ができる光回線「NURO光(ニューロ光)」をおすすめします。

しかし提供エリアは限定的なので、範囲外の方は「ソフトバンク光」をチェックすると良いでしょう。

光回線
ランキング
戸建てマンション1ヶ月平均スマホ割引特徴
1位
NURO光
戸建て:3,509円
マンション:3,509円
月額約
1,100円割引
戸建ての光回線は最安・最速
対応エリアなら1番おすすめ
2位
ソフトバンク光
戸建て:4,401円
マンション:3,059円
月額約
1,100円割引
スマホ割引の対象でお得
NURO光が対応外ならおすすめ
3位
auひかり
戸建て:4,203円
マンション:2,443円〜
なしマンションによっては安い
4位
ビッグローブ光
戸建て:5,375円
マンション:4,267円
なしNURO光には劣る
5位
So-net光
戸建て:5,394円
マンション:4,184円
なし基本料金が高めで損することも

※NURO光について、スマホ割引を受け取るために、光電話(月額550円)を追加して計算しています。
※ソフトバンク光について、スマホ割引を受け取るために、指定オプション(月額550円)を追加して計算しています。

【格安スマホ】光回線おすすめランキング

格安スマホの料金が割引される光回線もありますが、今回の調査ではあまり高く評価されませんでした。割引金額も月額300円程度なので、スマホ割引にこだわる必要はないでしょう。

それよりも、速度や安さのチェック項目で高評価だった「NURO光・auひかり・ドコモ光」の方が、コスパよく快適にインターネットを使えます。

戸建ての方にはNURO光を、マンションの方やNURO光の提供エリア外の方にはドコモ光がおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

光回線
ランキング
戸建てマンション1ヶ月平均スマホ割引特徴
1位
NURO光
戸建て:4,059円
マンション:4,059円
なし光回線の中でも最速
導入マンションならおすすめ
2位
ドコモ光
戸建て:5,201円
マンション:3,881円
なしNURO光のエリア外ならお得
通信速度の評価も高い
3位
auひかり
戸建て:4,202円
マンション:2,443円〜
なしマンションタイプによる
速度の速いプランもある
4位
ビッグローブ光
戸建て:5,375円
マンション:4,267円
月額300円割引格安スマホが少し割引される
5位
So-net光
戸建て:5,394円
マンション:4,184円
なし光回線の中でも基本料金は高め

ドコモユーザーにおすすめの光回線「ドコモ光」

ドコモ光の申込サイト
出典:ドコモ光
スマホ割引ドコモ
通信速度:特に優れている
長期契約:更新のたびに特典
キャンペーン:Wi-Fiルーターも無料
提供エリア:全国に対応
ドコモ光の基本情報
基本料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
契約期間2年
回線の種類フレッツ光回線(光コラボ)
対応エリア全国対応
キャンペーン回線工事費用:実質無料
新規契約でdポイント:2,000pt
キャッシュバック:最大20,000円
契約更新でdポイント:3,000pt
Wi-Fiルーターレンタル:無料
開通まではポケットWi-Fiが無料
光電話
(固定電話)
基本料金550円
通話料金8円/3分
光テレビ基本料金:825円
ドコモ光の料金
初期費用(手数料)回線工事費用スマホ割引(月額)3年間の総額1ヶ月平均
一戸建て
(5,720円)
3,300円19,800円(実質無料)220円〜1,100円147,620円4,101円
マンション
アパート
(4,400円)
3,300円16,500円(実質無料)220円〜1,100円100,100円2,781円

ドコモ光は、今回調査した光回線の中でもっとも高評価でした。全国対応で繋がりやすさも安定しており、長期継続によるポイント還元もあります。

またキャンペーン特典が豊富なところも特徴の1つです。ネット回線の工事費用が実質無料になり、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルもできますよ。

キャッシュバックは最大20,000円受け取れますが、ネットと映像サービスを同時申込する場合に限られます。ネットだけでも15,000円を受け取れるので、必要ない場合は映像サービスなしがおすすめです。

ドコモ光の詳細を見る

参考:「ドコモ光の口コミ評判をチェック!

auユーザーにおすすめの光回線「auひかり」

auひかりの代理店
出典:auひかり
スマホ割引au
通信速度:独自回線で速い
長期契約:1年ごとに安くなる
キャンペーン:高額キャッシュバック
提供エリア:東海・関西以外のエリア
auひかりの基本情報
基本料金戸建て:5,610円
マンション:3,740円〜
(タイプによって異なる)
契約期間3年
回線の種類独自回線
対応エリア東海・関西はエリア外(戸建てプラン)
キャンペーン回線工事費用:実質無料
キャッシュバック:最大60,000円
乗り換え費用:最大30,000円まで還元
光電話
(固定電話)
基本料金550円
通話料金8円/3分
光テレビ基本料金:825円
auひかりの料金
初期費用(手数料)回線工事費用スマホ割引(月額)3年間の総額1ヶ月平均
一戸建て
(5,610円)
3,300円41,250円(実質無料)最大-1,100円121,500円3,375円
マンション
(3,740円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,100円58,140円1,845円
マンション
(4,180円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,100円73,980円2,055円
マンション
(4,290円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,100円77,940円2,165円
マンション
(4,455円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,100円83,880円2,330円
マンション
(4,730円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,100円93,780円2,605円
マンション
(5,500円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,100円121,500円3,375円

auひかりは、スマホ割引・キャンペーン特典の項目で高く評価されていた光回線です。特にキャンペーン特典では、ネットと電話の契約で、最大60,000円を受け取れます。

また長期プランも用意されているのがポイント。契約期間は3年で、基本料金5,610円が毎年安くなり、3年目以降は5,390円となります。

東海・関西エリアの戸建てには対応していませんが、それ以外の都道府県では契約可能です。3年間の総額が最安なので、とにかく安い光回線を探している方にもおすすめします。

auひかりの詳細を見る

参考:「auひかりの口コミ評判をチェック!

auひかりの提供エリア外なら「ビッグローブ光」

BIGLOBE光の代理店
スマホ割引au
通信速度:フレッツ光回線で速い
長期契約:3年プランだと安い
キャンペーン:複数の特典から選べる
提供エリア:全国に対応
ビッグローブ光の基本情報
基本料金戸建て:5,478円
マンション:4,378円
契約期間2年・3年
回線の種類フレッツ光回線(光コラボ)
対応エリア全国対応
キャンペーン回線工事費用:実質無料
キャッシュバック:最大22,000円
光電話
(固定電話)
基本料金550円
通話料金8円/3分
光テレビ基本料金:825円
ビッグローブ光の料金
初期費用(手数料)回線工事費用スマホ割引(月額)3年間の総額1ヶ月平均
一戸建て
(5,478円)
3,300円33,000円(実質無料)最大-1,320円145,988円4,055円
マンション
アパート
(4,378円)
3,300円29,700円(実質無料)最大-1,320円106,088円2,947円

ビッグローブ光は、3年の長期プランで契約すると安くなる光回線です。「auセット割引」にも対応しており、月額料金が最大で1,320円割引されます。

キャンペーン特典は、工事費無料とキャッシュバックでした。金額は最大20,000円以上で、早ければ開通翌月に受け取れるところもおすすめポイントです。

また日本全国で使えるため、auひかりの提供エリア外でも契約できますよ。auひかりが使えなかったときは、ビッグローブ光もチェックしてみてください。

ビッグローブ光の詳細を見る

参考:「ビッグローブ光の口コミ評判は?

ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線「NURO光」

NURO光公式サイト
出典:NURO光
スマホ割引ソフトバンク
通信速度:光回線の中でも最速
長期契約:3年総額が安い
キャンペーン:回線工事費も無料に
提供エリア:一部では使えない
NURO光の基本情報
基本料金戸建て:5,217円
NURO光導入マンション:2,090円〜2,750円
契約期間2年
回線の種類独自回線
対応エリア・関東(東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,栃木,群馬)
・東海(愛知,静岡,岐阜,三重)
・関西(大阪,兵庫,京都,滋賀,奈良)
・九州(福岡,佐賀)
・北海道(札幌市,小樽市,石狩市)
キャンペーン回線工事費用:実質無料
キャッシュバック:最大45,000円
光電話
(固定電話)
基本料金550円(北海道・関東)
基本料金330円(東海・関西・九州)
通話料金7.99円/3分
光テレビひかりTV:月額1,100円〜
NURO光の料金
初期費用(手数料)回線工事費用スマホ割引(月額)3年間の総額1ヶ月平均
一戸建て
(5,217円)
3,300円44,000円(実質無料)最大-1,100円126,322円3,509円
NURO光導入
マンション
(2,090円〜)
3,300円44,000円(実質無料)最大-1,100円13,740円
〜37,500円
382円〜

NURO光(ニューロ光)は、通信速度が最速の光回線です。キャンペーン特典の項目でも優秀で、時期によっては40,000円以上のキャッシュバックを受け取れます。

また基本料金が安く、戸建ての月額は5,217円でした。NURO光を導入しているマンションであれば、月額2,090円〜2,750円で利用可能ですよ。

しかし、NURO光を導入しているマンションは少ないので、その場合はソフトバンク光も比較すると良いでしょう。自宅が提供エリア内のユーザーには、ぜひおすすめしたい光回線です。

NURO光の詳細を見る

参考:「NURO光の口コミ評判をチェック!

NURO光の提供エリア外なら「ソフトバンク光」

ソフトバンク光
スマホ割引ソフトバンク
通信速度:フレッツ光回線を利用
長期契約:スマホ割引でお得に
キャンペーン:乗り換え特典が充実
提供エリア:全国に対応
ソフトバンク光の基本情報
基本料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
契約期間2年
回線の種類フレッツ光回線(光コラボ)
対応エリア全国対応
キャンペーン回線工事費用:実質無料
キャッシュバック:最大38,000円
乗り換え費用:最大100,000円まで還元
ポケットWi-Fi:開通まで無料レンタル
光電話
(固定電話)
基本料金550円
通話料金8円/3分
光テレビ基本料金:825円
ソフトバンク光の料金
初期費用(手数料)回線工事費用スマホ割引(月額)3年間の総額1ヶ月平均
一戸建て
(5,720円)
3,300円26,400円(実質無料)最大-1,100円158,420円4,401円
マンション
アパート
(4,180円)
3,300円26,400円(実質無料)最大-1,100円110,108円3,059円

ソフトバンク光は、キャンペーン特典で高評価だった光回線です。特に乗り換え特典が充実しており、乗り換えにかかる費用を最大100,000円まで負担してくれます。

またキャッシュバックも最大31,000円を受け取れます。ソフトバンクのスマホ割引と組み合わせれば、格安で利用できるでしょう。

提供エリアは全国なので、NURO光の地域外でも契約可能です。マンション・アパートのような集合住宅に住んでいるソフトバンクユーザーにも、おすすめの光回線ですよ。

ソフトバンク光の詳細を見る

参考:「ソフトバンク光の口コミ評判は?

契約先に迷ったら?ひと目でわかる比較一覧表

光回線ドコモ
戸建て
ドコモ
マンション
au
戸建て
au
マンション
ソフトバンク
戸建て
ソフトバンク
マンション
格安スマホ
戸建て
格安スマホ
マンション
ドコモ光
auひかり
ビッグローブ光
NURO光
ソフトバンク光

※横にスクロールできます。

ここでは光回線のおすすめを、比較一覧表にしてまとめてみました。

「◎」のあるところは、損をすることなく契約できるので、迷ってしまったときは参考にしてみてください。

提供エリアで比較するとおすすめを見つけやすい

全国の光回線を比較

一部の光回線では、提供エリアが限られています。なので場合によっては、自宅で契約できない可能性もあるでしょう。

そこで、今回紹介したおすすめの光回線5社を、エリア別の一覧表にまとめてみました。都道府県ごとに確認できるので、あなたが住んでいる地域をクリックしてみてください。

北海道・東北エリア
北海道【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】NURO光・ソフトバンク光
【格安スマホ】NURO光・ドコモ光
青森【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】ソフトバンク光
【格安スマホ】ドコモ光
秋田
岩手
福島
山形
宮城

東北エリアでは、ソフトバンクのスマホ割引がある「NURO光」に契約できません。

なのでソフトバンクユーザーには、「ソフトバンク光」の光回線をおすすめします。

関東エリア
東京【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】NURO光・ソフトバンク光
【格安スマホ】NURO光・ドコモ光
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬

ここで紹介したおすすめの光回線は、すべて関東エリアに対応していました。なので、どれを選んでも問題ありません。

au・ソフトバンクユーザーの方は、マンションタイプによって月額料金が変わります。どのタイプかわからない方は、一度確認してみると良いでしょう。

北陸・甲信越エリア
山梨【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】ソフトバンク光
【格安スマホ】ドコモ光
長野
新潟
富山
石川

北陸・甲信越エリアでは、「NURO光」を契約できません。

なのでソフトバンクユーザーには、「ソフトバンク光」の光回線をおすすめします。

東海エリア
静岡【ドコモ】ドコモ光
【au】ビッグローブ光
【ソフトバンク】NURO光・ソフトバンク光
【格安スマホ】NURO光・ドコモ光
愛知
岐阜
三重

東海エリアでは、auスマホが割引される「auひかり」の戸建てプランに契約できません。

なので一軒家に住んでいるauユーザーには、「ビッグローブ光」の光回線をおすすめします。

関西エリア
和歌山【ドコモ】ドコモ光
【au】ビッグローブ光
【ソフトバンク】ソフトバンク光
【格安スマホ】ドコモ光
大阪【ドコモ】ドコモ光
【au】ビッグローブ光
【ソフトバンク】NURO光・ソフトバンク光
【格安スマホ】NURO光・ドコモ光
京都
兵庫
奈良
滋賀

関西エリアでは、auひかりの戸建てプランが提供エリア外なので、「ビッグローブ光」の光回線がおすすめです。

また和歌山県では、NURO光を契約できません。そのため、和歌山県に住んでいるソフトバンクユーザーは、「ソフトバンク光」をチェックしてみてください。

中国・四国エリア
広島【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】ソフトバンク光
【格安スマホ】ドコモ光
岡山
島根
鳥取
山口
香川
愛媛
高知
徳島

中国・四国エリアは、ソフトバンク割引のある「NURO光」が提供エリア外でした。

なのでソフトバンクユーザーには、「ソフトバンク光」の光回線をおすすめします。

九州・沖縄エリア
福岡【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】NURO光・ソフトバンク光
【格安スマホ】NURO光・ドコモ光
佐賀
長崎【ドコモ】ドコモ光
【au】auひかり・ビッグローブ光
【ソフトバンク】ソフトバンク光
【格安スマホ】ドコモ光
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄【ドコモ】ドコモ光
【au】ビッグローブ光
【ソフトバンク】ソフトバンク光
【格安スマホ】ドコモ光

九州・沖縄エリアでは、福岡県と佐賀県のみ、ソフトバンク割引のある「NURO光」が利用できます。

それ以外の県は、対応エリアの範囲外なので、ソフトバンクユーザーには「ソフトバンク光」をおすすめします。

通信速度にこだわるならWi-Fiルーターも確認する!

光回線におすすめのWi-Fiルーター

光回線でインターネットを使うには、Wi-Fiルーターが必要になります。しかし性能の悪いWi-Fiルーターを選んでしまうと、通信速度が低速になるので注意が必要です。

基本的には、光回線へ申し込むときにレンタルできるので、そちらを選べば間違いないでしょう。

もし自分で購入するなら、IPv6に対応しているWi-Fiルーターがおすすめです。NEC製の「Aterm WG2600HP3」や、バッファロー製の「WSR-2533DHP3」などがあります。

Amazonや楽天でも販売されており、本体価格は15,000円〜20,000円前後です。

契約前にチェック!光回線の申し込みから開通までの流れ

光回線の契約の流れ

光回線を契約の流れは、以下のようになっています。自宅でインターネットが使えるようになるまで、おおよそ1ヶ月ほどかかるので、余裕をもって申し込むのがおすすめです。

またスマホ割引の手続きは、光回線の工事が終わったあとにできるようになります。ネット回線業者ではなく、それぞれの携帯会社に申し込む必要があるので注意が必要です。

店舗で申し込むきは、本人確認書類とクレジットカード(キャッシュカード)を持っていくようにしましょう。ちなみに、スマホのマイページからも申請可能ですよ。

参考:光回線の工事費用・期間はどれくらいかかる?

光回線の工事費用・期間

光回線の工事は、事前に日時を予約をします。工事自体は1時間ほどで終わりますが、なかなか予約が取れないので、期間は1ヶ月ほど見ておくと良いでしょう。

特に引越しシーズンの3月・4月あたりは、工事までに2ヶ月以上かかる場合もあります。なので光回線を決めたら、早めに連絡をするようにしてください。

また光回線の工事費用は、戸建てだと約19,800円、マンションだと約16,500円になります。キャンペーンで実質無料になるプロバイダが多いので、そこまで気にする必要はないでしょう。

参照:「光回線の工事内容まとめ

注意!戸建て・マンションによって工事できないことも

戸建て・マンションで光回線を契約できない場合

戸建てに住んでいても、提供エリアや建物の構造で、自宅に光回線を引き込めないこともあります。

またマンションや賃貸アパートなどの集合住宅では、すでに別のインターネット回線が導入されていることもあるでしょう。

このような場合では、おすすめの光回線に契約できない可能性も考えられます。なので申し込みをするときには、早めに連絡をして、自宅で使えるのかを確認する必要があります。

参照:「回線工事ができない場合の対処法

光回線がダメなら「モバイル回線」がおすすめ!

モバイル回線とは、工事不要でWi-Fiが使えるものです。据え置き型の「ホームルーター」や、持ち歩き可能な「モバイルルーター(ポケットWi-Fi)」があります。

光回線と比較して、どちらも通信速度は劣りますが、一人暮らしの方なら問題なく使えるでしょう。また引っ越しをする際にも、解約することなく、そのまま持っていくことができます。

ここでは簡単に、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。別ページでも詳しくまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

メリットデメリット
光回線・無制限で速度が速い
・キャンペーンが豪華
・工事が必要
・開通までが長い
ホーム
ルーター
・コンセントに差して使う
・届いたらすぐ接続できる
・通信速度は劣る
・速度制限がある
モバイル
ルーター
・家でも外でも使える
・届いたらすぐ接続できる
・通信速度は劣る
・速度制限がある

覚えておくと役立つ!解約・乗り換え方法などのよくある質問

光回線についてよくある質問、疑問点なども調査してまとめました。

失敗しないためにも、契約までに一度確認しておくと良いでしょう。クリックすると該当箇所に移動します。

よくある質問1:そもそも光回線とは?

光回線とは
A:光ファイバーを使ってインターネットに接続するサービス

光回線とは、光ファイバーというケーブルを利用した、インターネット接続サービスです。FTTHと呼ばれることもあり、フレッツ光・ドコモ光などが当てはまります。

最大の特徴は、一度に大量のデータを送受信できるところです。そのため、電話回線(ADSL)やケーブルテレビ回線(CATV)よりも速く通信できます。

光ファイバーを引き込む工事が必要ですが、自宅でインターネットを使うなら、光回線が1番良いでしょう。キャンペーンを上手に利用すれば、お得に契約できますよ。

よくある質問2:光回線のプロバイダの役割は?

光回線のプロバイダの役割
A:光回線の販売店のようなイメージ

プロバイダとは、光回線とインターネットを繋げてくれる会社のことです。どのプロバイダと契約するかによって、光回線のプランや速度も変わってきます。

イメージは「iPhoneを契約するなら、ソフトバンク・ドコモ・auのどこがおすすめか」という感じです。iPhoneだけあっても意味がないように、光回線だけあってもインターネットに接続できません。

しかし最近は、プロバイダと光回線が一体になっているところが多いので、以前よりも契約方法がわかりやすくなりました。

参照:「プロバイダとは何かを初心者向けに解説

よくある質問3:一人暮らしにも光回線はおすすめ?

一人暮らしにも光回線はおすすめ
A:すぐに引っ越しの予定がなければおすすめ

一人暮らしの方にも光回線はおすすめです。Wi-Fiを頻繁に利用しなくても、スマホ割引のあるプロバイダで契約すれば、ポケットWi-Fiよりもお得に契約できます。

ただし、引っ越しなどですぐに解約してしまうと、違約金やネット回線の撤去工事費用などを支払う必要があります。結果的に損することになるので注意してください。

よくある質問4:契約するときにオプションは必要?

光回線のオプション
A:光回線のオプションは必要最低限でOK

光回線では、契約するときにオプションサービスを追加できます。選べる内容は、光電話や光テレビ、Wi-Fiルーターのレンタルなどさまざまです。

また指定のオプションを追加すると、光回線のキャンペーン特典が増えたり、キャッシュバックが高額になったりします。

しかし、使わないオプションは損をするだけなので、無理に申し込む必要はないでしょう。ここでは必要なオプションと、あると便利なオプションに分けてみました。

光電話サービス
【必要】
スマホ割引に必要。ドコモ光とビッグローブ光は契約しなくてもOK
ルーター
レンタル
【必要】
自宅のWi-Fiをつなげるために必要。自分でルーターを購入しても良い
セキュリティ
【必要】
ネットを安全に利用するために必要。1つあれば十分対策できる
光テレビ
サービス
【あると便利】
BS・CSを楽しめる。キャンペーンの適用条件になっていることも
設定サポート
【あると便利】
パソコンの悩みを相談できる。初期設定が終わればあまり必要ない

よくある質問5:Wi-Fiの設定は簡単にできる?

光回線のWi-Fiルーターの接続設定
A:ケーブルを繋いで、SSIDとパスワードを入力すればWi-Fiが使えます

光回線の工事が終わってしまえば、あとは簡単です。Wi-Fiルーターに専用のケーブルを挿して、コンセントにつなげば電源が入ります。

その後、ルーター本体に書いてある「SSID」と「パスワード」を、パソコンやスマホに入力すれば、Wi-Fiが使えるようになりますよ。

よくある質問6:解約したときの違約金はいくら?

光回線を解約したときの違約金
A:更新月は無料、それ以外は約10,000円〜約20,000円ほどかかります

光回線の違約金は、解約するタイミングによって異なります。更新のタイミングであれば無料ですが、それ以外だと約10,000円〜約20,000円かかるので注意が必要です。

また契約してからすぐに解約すると、キャンペーン特典の違約金もプラスされる場合があります。なので心配な方は、乗り換え費用を負担してもらえる光回線を選ぶと良いでしょう。

よくある質問7:光回線の乗り換えはできる?

光回線の乗り換え方法
A:乗り換え可能です。使用中の光回線によって方法が異なります

他社の光回線に乗り換える方法は、「転用」と「事業者変更」があります。どちらも3,000円の手数料がかかり、光回線の工事は不要です。

転用の場合、現在フレッツ光を使っているユーザーが対象になります。ドコモ光やソフトバンク光など、光コラボのプロバイダに乗り換えるときの方法です。

また事業者変更は、すでに光コラボで契約している方が、他の光コラボに乗り換える方法になります。事前に問い合わせが必要になるので、こちらをチェックしてみてください。

参照:「光回線の乗り換え方法まとめ

フレッツ光から転用
【NTT東日本】
フレッツ光:光コラボレーションの手続き
電話番号:0120-140-202(9:00~17:00)
フレッツ光から転用
【NTT西日本】
フレッツ光:転用をご検討中のお客さま
電話番号:0120-553-104(9:00~17:00)
事業者変更各光回線の事業者へお問い合わせください

光回線のおすすめを比較した結果まとめ

光回線の最安値を比較
今月おすすめの光回線
【クリックで該当箇所に移動します】
ドコモ光ドコモユーザーにおすすめの光回線
キャンペーン特典が充実している
auひかりauユーザーにぴったりの光回線
高額キャッシュバックでお得
ビッグローブ光auひかりが使えないときにおすすめ
料金プランが安くてコスパが良い
NURO光ソフトバンクユーザーにおすすめ
通信速度にこだわりたい方にも
ソフトバンク光ソフトバンク光が使えないときにおすすめ
乗り換え費用も負担してもらえる

編集部が1年調査してわかったことは、あなたが住んでいる地域・スマホ・自宅のタイプによって、おすすめの光回線が違うことです。

なので今回は、光回線20社を「スマホ割引・通信速度・長期契約・キャンペーン特典・提供エリア」の項目を比較して、スマホ別にランキング形式でまとめました。

ここで紹介した光回線を上手に使えば、3年総額で100,000円以上もお得になるでしょう。

ちなみにキャンペーンの内容は、来月になると変わってしまう可能性があります。良さそうな光回線を見つけた方は、ぜひ見逃さないようにしてくださいね!