NMB48山本彩、「NMBでの面子も無くなってしまう」……総選挙前のプレッシャー明かす | RBB TODAY

NMB48山本彩、「NMBでの面子も無くなってしまう」……総選挙前のプレッシャー明かす

エンタメ ブログ

AKB48第5回選抜総選挙で14位選抜入りを果たして喜ぶNMB48山本彩
  • AKB48第5回選抜総選挙で14位選抜入りを果たして喜ぶNMB48山本彩
  • 14位・山本彩と15位・渡辺美優紀のツイーショット
 8日に開票が行われたAKB48第5回選抜総選挙で14位にランクインしたNMB48の山本彩。NMB48のキャプテン、そしてエースとして周囲の期待を一身に集めながら、過去の総選挙では選抜入りを逃していた山本は、今回、初の選抜入りを果たし「喉から手が出る程欲しかった」と、10日に更新した自身のブログにその喜びをつづっている。

 山本は同じくNMBの渡辺美優紀とともに人気を二分するエース。これまでの総選挙では常に選抜入りを期待されながらも一昨年は28位、昨年は18位と、ともにNMB48メンバーでは最高位ながら、惜しくも選抜入りは果たせずにいた。

 「正直、今年も入れないんじゃないか、選抜に入れなかったらNMBでの面子も無くなってしまう、と、ずっと不安でした」と、今回の総選挙前にはそんなプレッシャーにさいなまれていたという山本。しかし、終わってみれば結果は14位。初の選抜入りに山本は「入りたくて入りたくて仕方無かった」「選抜メンバーで名前が呼ばれて本当に本当に嬉しかったしホッとしました」と、安堵の色を隠さない。贈られたトロフィーに笑顔で頬ずりする写真を掲載するとともに、「こうして、選抜の座を掴み取れたのは、一緒にがむしゃらになって寄り添って下さった皆さんのお陰です」と、ファンに感謝の言葉をつづった。

 しかし、この順位にも「満足できない」と山本はやや不満気だ。彼女の今回の目標は、実は選抜入りではなく、さらに上の“一桁順位”だったという。周囲もそれを期待し、だから今回の順位には「もっと上かと思った」との声も少なからず聞かれたそう。そんなファンの落胆に、「来年はそんな事言わせない」と奮起した山本。まだまだ貪欲に上を目指す。
《花》

関連ニュース

特集

page top