大島優子、“涙の途中退場”を謝罪しつつもキッパリ 「でも、私はあの映画が嫌いです」 | RBB TODAY

大島優子、“涙の途中退場”を謝罪しつつもキッパリ 「でも、私はあの映画が嫌いです」

エンタメ ブログ

 アイドルグループ・AKB48の大島優子が、18日に行われた映画「悪の教典」の「AKB48特別上映会」を途中退場した件で、「取り乱してしまいました。。。ごめんなさい」自身の公式ブログで謝罪している。

 同映画は貴志祐介のベストセラー小説を伊藤英明主演で三池崇史監督が映画化したバイオレンスホラー作品。18日に都内で行われた上映イベントに、大島はAKB48のほかのメンバーら数名とともに出席したが、教師が生徒全員を殺すという残忍な内容が描かれていることから「R-15」指定を受けているこの話題作にひどくショックを受けたらしく、上映後に涙を浮かべて退場。映画のショッキングな内容に「私はこの映画が嫌いです」といった感想を述べたことが複数メディアに報じられていた。

 大島はこの件について、19日にブログを更新し、「ニュースにもなったりと、お騒がせしました。伊藤英明さん、三池監督、関係者のみなさん、ご心配かけました」と謝罪。「あまりにスクリーンの中に感情移入してしまい、取り乱してしまいました。。。ごめんなさい」と、途中退場した理由を明かすとともに再度謝罪の言葉をつづったが、映画については「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」と、変わらぬ感想をつづっている。

「悪の教典」は現在公開中。
《花》

関連ニュース

特集

page top