【木暮祐一のモバイルウォッチ】第33回 大災害に備えた衛星電話の取り扱いを学ぶ講習会に参加 6枚目の写真・画像 | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第33回 大災害に備えた衛星電話の取り扱いを学ぶ講習会に参加 6枚目の写真・画像

 東日本大震災以降、緊急時の通信手段として脚光を浴びるようになった衛星電話。 震災以前に国内で取り扱われていたサービスといえばNTTドコモのワイドスター(国内専用衛星電話サービス)と、KDDIが取り扱うインマルサットやイリジウム程度しかなかった。

エンタープライズ モバイルBIZ

関連ニュース

ワイドスターはアンテナを正確に設置することが安定した通話をするための重要な要素であると説明。アンテナの設置方法から電話の掛け方までをデモした。
ワイドスターはアンテナを正確に設置することが安定した通話をするための重要な要素であると説明。アンテナの設置方法から電話の掛け方までをデモした。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」を販売開始

    富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」を販売開始

  2. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  3. NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

    NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

  4. 地下でも災害時でも通信可能、業務用IP無線機「SmaTALK II」

  5. スマートフォンの便利な点・不便な点……電創堂調べ

  6. LINEのここがイヤ!……「LINE」認知度は98%、便利・不便な点も明らかに

  7. 【Interpets 2014 Vol.5】ペット市場と自動車業界の関係――愛犬といっしょにドライブは常識

  8. ICカード&暗証番号認証付きスマートロックの数々……セキュリティや利便性向上で注目

  9. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  10. eBookJapanの会員数が100万人を突破、1人あたり44冊

アクセスランキングをもっと見る

page top