【木暮祐一のモバイルウォッチ】第33回 大災害に備えた衛星電話の取り扱いを学ぶ講習会に参加 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第33回 大災害に備えた衛星電話の取り扱いを学ぶ講習会に参加 4枚目の写真・画像

 東日本大震災以降、緊急時の通信手段として脚光を浴びるようになった衛星電話。 震災以前に国内で取り扱われていたサービスといえばNTTドコモのワイドスター(国内専用衛星電話サービス)と、KDDIが取り扱うインマルサットやイリジウム程度しかなかった。

エンタープライズ モバイルBIZ

関連ニュース

講義では、携帯電話と衛星電話の違いやサービス内容、取り扱い方法や発信操作などが解説された。
講義では、携帯電話と衛星電話の違いやサービス内容、取り扱い方法や発信操作などが解説された。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【iEXPO2010(Vol.1)】スタンドアローン型からクラウド型まで、多彩なデジタルサイネージソリューションが一堂に!

    【iEXPO2010(Vol.1)】スタンドアローン型からクラウド型まで、多彩なデジタルサイネージソリューションが一堂に!

  2. 東京メトロ、全線で携帯電話が利用可能に……21日に全工事が完了

    東京メトロ、全線で携帯電話が利用可能に……21日に全工事が完了

  3. 【iEXPO2010(Vol.8)】エネルギー事業の技術はここまで進んでいる!

    【iEXPO2010(Vol.8)】エネルギー事業の技術はここまで進んでいる!

  4. ミクシィ、モバイル事業を拡大——組織変更を発表

  5. 【今週のエンジニア女子 Vol.20】幅広い「ものづくり」ができるエンジニアに……松本小鈴さん

  6. 富士通とMS、クラウド分野での戦略的協業を正式発表 ~ Windows Azureをアプライアンス展開

  7. 【Embedded Technology 2008 Vol.1】進化するWindows Automotive——コストパフォーマンスで採用が進むカーナビ

  8. 写真付き日記投稿機能などmixiとの連携機能がSO905iCSなど今春発売の携帯電話に搭載

  9. 4月26日開業「渋谷ヒカリエ」は、最新デジタルサイネージを多数設置

  10. NEC、1Gbit/秒伝送やスードワイヤー対応の超小型マイクロ波通信システム「PASOLINK NEO iP」

アクセスランキングをもっと見る

page top