【木暮祐一のモバイルウォッチ】第33回 大災害に備えた衛星電話の取り扱いを学ぶ講習会に参加 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第33回 大災害に備えた衛星電話の取り扱いを学ぶ講習会に参加 1枚目の写真・画像

 東日本大震災以降、緊急時の通信手段として脚光を浴びるようになった衛星電話。 震災以前に国内で取り扱われていたサービスといえばNTTドコモのワイドスター(国内専用衛星電話サービス)と、KDDIが取り扱うインマルサットやイリジウム程度しかなかった。

エンタープライズ モバイルBIZ

関連ニュース

講習会を企画した工藤さんが自ら講師も担当。
講習会を企画した工藤さんが自ら講師も担当。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 畑で入社式、スーツ姿で収穫

    畑で入社式、スーツ姿で収穫

  2. クリーンエネルギーで防災電源にも使えるハイブリッド街路灯が横浜市に設置

    クリーンエネルギーで防災電源にも使えるハイブリッド街路灯が横浜市に設置

  3. ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

    ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

  4. 王貞治氏が「ナボナ名誉大使」に 亀屋万年堂・自由が丘総本店リニューアル

  5. 災害に強い地域通信ネットワークの実証実験、日本ユニシスが長野・塩尻市で開始

  6. ブロードネットマックス、CATVネットを活用した「クラスタFTTHシステム」提供開始〜光ファイバ心線を2芯と大幅削減

  7. ソフトバンクの電気事業、「ソフトバンクでんき」ブランドで展開

  8. パイオニアと東京海上日動、車載テレマティクスサービスで協業

  9. 町工場のものづくり精神から生まれたヒット商品「伸助さん」

  10. 人事業務を効率化するシステム『ADPS』、シンプルUIに全面刷新

アクセスランキングをもっと見る

page top