【木暮祐一のモバイルウォッチ】第99回 これぞ、“駐車場IoT”! 駐車場検索アプリ「Smart Park」のビジネス展望とは | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第99回 これぞ、“駐車場IoT”! 駐車場検索アプリ「Smart Park」のビジネス展望とは

IT・デジタル モバイル

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第99回 これぞ、“駐車場IoT”! 駐車場検索アプリ「Smart Park」のビジネス展望とは
  • 【木暮祐一のモバイルウォッチ】第99回 これぞ、“駐車場IoT”! 駐車場検索アプリ「Smart Park」のビジネス展望とは
  • 「Smart Park」アプリで周囲の駐車場検索する画面
  • 駐車場の満空情報、料金の縦列が一目でわかる
  • 駐車場の詳細情報画面
  • 駐車時間からの料金シミュレート。任意の時間、たとえば2,400円で停められる時間ぎりぎりにアラームなんて設定も
  • 検索範囲は最大1kmまで拡げられる。都心部では必要ないが地方都市では役立つ
  • 夜間営業していない駐車場は料金シミュレートでグレーアウト
  • 事業概要を説明する株式会社SPOT 最高執行責任者COO・花房寛氏
 日頃、自動車を足代わりに使っている人には欠かせなくなりそうな便利なアプリがお目見えした。時間貸駐車場を検索できるアプリ「Smart Park」である。スタートアップベンチャーの株式会社SPOT(以下、SPOT)が提供するこのSmart Parkは、周囲の時間貸駐車場を「満」「空」情報付きで簡単に検索できるというもの。まずはiOS版アプリが提供開始され、近日Android版アプリの公開予定となっている。

 時間貸駐車場検索はこれまでも多数のアプリが提供されているが、たとえばタイムズやリパークなどの駐車場事業者が提供するものの場合、他の事業者の駐車場が検索されないので決して使い勝手が良いとは思えなかった。駐車場を探しているユーザーの視点で考えれば、事業者を横串で検索できるものが求められていた。Smart Parkは、まだ全てではないが、主要な駐車場事業者と提携し駐車場事業者を超えて検索をかけることができる。さらに、これもまだ全ての駐車場が対応しているわけではないのだが、満空情報を出している駐車場については、現在空いているのか満車なのかも検索結果から判別することができる。

■マップで指定した場所周辺の駐車場が簡単に検索できる

 「Smart Park」だが、使い方は極めてシンプル。駐車場を探したいエリアのアプリに表示させ、あとは検索ボタン(虫めがねアイコン)をタップするだけ。検索範囲は画面上部にある距離のバーをスライドさせて指定することもできる。都内であれば数百メートルの範囲で十分なのだろうが、たとえば筆者の住む青森市など地方ではもっと比較的広い範囲で検索をかけるというケースもある。

 画面下部には駐車を予定している時間をざっくりと入力することで、指定した時間を駐車した場合の料金もシミュレーションされ、検索結果には安価な順に数字が振られる。時間貸駐車場の場合、料金が加算される時間設定は駐車場ごとにまちまちである。そのため、車を駐める時間があらかじめ分かっている場合は、この料金シミュレーション機能はとても参考になるはずだ。たとえば2時間駐める場合と5時間駐める場合でシミュレーションし直すと、駐車料金の順位付けは大きく変わる。

 また、実際に駐めた後は、その駐車場の料金をシミュレートしつつ、料金を参考にアラームを設定することもできる。シミュレート開始を駐車開始時間として何時にいくらに駐車料金が上がるかが画面表示され、たとえば1000円で駐められる時間ギリギリまで駐車をするといった場合にこのアラーム機能が役立つはず。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top