富士通、CPU間高速データ通信の低電力化を実現する伝送技術を開発……次世代サーバやスパコンに貢献 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通、CPU間高速データ通信の低電力化を実現する伝送技術を開発……次世代サーバやスパコンに貢献 4枚目の写真・画像

 富士通研究所とFujitsu Laboratories of America社は14日、次世代サーバに搭載されるCPUなどのチップ間データ通信を行う送受信回路において、消費電力を2割削減可能なクロック伝送技術を開発したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア

関連ニュース

小振幅信号により各発振器の同期化
小振幅信号により各発振器の同期化

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

    通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

  2. IIJ、NTTドコモとレイヤー2で接続開始

    IIJ、NTTドコモとレイヤー2で接続開始

  3. 日本語サイト開設のビジネスSNS「LinkedIn」、その収入源は

    日本語サイト開設のビジネスSNS「LinkedIn」、その収入源は

  4. 領収書はスキャンするだけ、「弥生」の入力不要でペーパーレスな新機能……電子帳簿保存法の緩和も影響

  5. DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

  6. NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

  7. スマホで鍵を開閉する南京錠「246」に合鍵機能やログ機能が追加

  8. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  9. ドコモ、人気アプリ使い放題の月額サービス「スゴ得コンテンツ」開始……お得なパッケージプランも

  10. IIJ、セキュリティ対策を強化したWebメール「MailTAP」提供開始

アクセスランキングをもっと見る

page top