富士通、CPU間高速データ通信の低電力化を実現する伝送技術を開発……次世代サーバやスパコンに貢献 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通、CPU間高速データ通信の低電力化を実現する伝送技術を開発……次世代サーバやスパコンに貢献 4枚目の写真・画像

 富士通研究所とFujitsu Laboratories of America社は14日、次世代サーバに搭載されるCPUなどのチップ間データ通信を行う送受信回路において、消費電力を2割削減可能なクロック伝送技術を開発したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア

関連ニュース

小振幅信号により各発振器の同期化
小振幅信号により各発振器の同期化

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. ディズニー、公式ライブ壁紙「イッツ・ア・スモールワールド」を発売……Androidスマホ向け

    ディズニー、公式ライブ壁紙「イッツ・ア・スモールワールド」を発売……Androidスマホ向け

  2. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  3. 燃えない・割れない・軽いを実現、火災時の煙事故を防ぐ防煙たれ壁サンスモーク

    燃えない・割れない・軽いを実現、火災時の煙事故を防ぐ防煙たれ壁サンスモーク

  4. 女性らしい視点で広島を活性化……COAKI代表・稲葉綾子氏インタビュー

  5. オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

  6. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

  7. OKI、Microsoft Dynamics CRMとの連携に対応した「Com@WILLシリーズ リリース7」

  8. ソフトバンクBB、クラウド型企業向けeラーニングシステム「A'OMAI(アオマイ)」発表

  9. インテル、vProテクノロジー対応ソリューションの導入実績拡大を公表

  10. IIJ、セキュリティ対策を強化したWebメール「MailTAP」提供開始

アクセスランキングをもっと見る

page top