ヒールで踏んでも壊れないトランジスタ、産総研が開発 | RBB TODAY

ヒールで踏んでも壊れないトランジスタ、産総研が開発

ブロードバンド テクノロジー

ハイヒールで踏まれるトランジスタ(左)/踏まれる前後の性能比較図(右)
  • ハイヒールで踏まれるトランジスタ(左)/踏まれる前後の性能比較図(右)
  • 衣類に付けて洗濯しても大丈夫なトランジスタ
 産業技術総合研究所(産総研)ナノチューブ実用化研究センターは12日、衣類のように柔らかく、ハイヒールで踏んでも洗濯しても壊れないトランジスタを開発したことを発表した。

 金属や酸化物のような硬い材料を使用せず、単層カーボンナノチューブ(単層CNT)、ゴム、ゲルといった柔らかい炭素系材料だけで構成されているのが特徴。単層CNTの電気的特性とネットワーク構造を利用して、伸縮性のある導電性単層CNTゴム複合材料をトランジスタの電極とした。これにより、布に近い柔らかさと丈夫さを実現した。

 ハイヒールで踏まれるという大きな圧力に対しても、壊れずに特性を維持することも確認済み。また、衣類に貼り付けることもでき、その場合は人体に合わせて変形するので、身体に負荷も与えないという。

 今後はトランジスタだけではなく、柔らかいセンサーやエネルギーデバイスと統合することで、生体センシングシステムや介護ロボットの皮膚など、医療用での活用が期待される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top