東尾理子、流産が濃厚との診断にショック……「ちょっとどんより」 | RBB TODAY

東尾理子、流産が濃厚との診断にショック……「ちょっとどんより」

 俳優・石田純一の妻でプロゴルファーの東尾理子が28日、ブログを更新し、今回着床を成功させていた対外受精による第2子妊娠が難しい状況にあることを明らかにした。

エンタメ ブログ
 俳優・石田純一の妻でプロゴルファーの東尾理子が28日、ブログを更新し、今回着床を成功させていた体外受精による第2子妊娠が難しい状況にあることを明らかにした。

 今月23日付けのブログでは「着床してました」と着床成功を報告していたが、今回更新されたブログでは「hcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の数値は僅かながら伸びていましたが、通常の値と比べると断然低い」とのことで、医師から「出産まではないだろう」と診断されたことを告白。

 東尾は現状の可能性として「1,このまま化学流産 2,子宮外妊娠」のいずれかだと告知されたといい、医師から「今となっては生理が早く来てくれた方がいいです」と思いやられたという。

 今年8月にブログで長男・理汰郎君に続く子供を授かろうと決意を明かし、9月に採卵した受精卵を今月17日に子宮に「お迎え」し、着床判定が出ていたが、その時も「流産の可能性が高い」との診断もされていた。

 元々、今回の着床が流産の可能性が高いと言われていたとはいえ、東尾は「そっか。とりあえず、ちょっとどんよりしよっと」と現実を受け止めつつ、ショックの色を隠さなかった。しかし東尾は「で、また次を考えて頑張ろっかな」と前向きな姿勢ものぞかせていた。
《花》

関連ニュース

特集

page top