「本当に悲しくなりました」……HKT48イベントで一部ファンの迷惑行為相次ぐ | RBB TODAY

「本当に悲しくなりました」……HKT48イベントで一部ファンの迷惑行為相次ぐ

 アイドルグループ・HKT48のイベントで、マナーに反する行為をした一部ファンがいたとして、メンバーの穴井千尋や村重杏奈らがGoogle+を通じて「本当に悲しくなりました」などと苦言を呈している。

エンタメ ブログ
 アイドルグループ・HKT48のイベントで、マナーに反する行為をした一部ファンがいたとして、メンバーの穴井千尋や村重杏奈らがGoogle+を通じて「本当に悲しくなりました」などと苦言を呈している。

 問題の行為があったとされるのは、26日に東京・汐留の日本テレビで行われたイベント「春のPON!祭り」でのこと。同イベントに参加したファンの証言によれば、イベント終了後には最寄り駅の改札付近に大量のサイリウム(ペンライト)が放置されていたという。この証言はAKB48グループ総支配人の戸賀崎智信氏が自身のGoogle+で紹介し、「宜しくお願いします」とファンに注意を呼びかけている。

 そのほか、イベント中にもマナー違反行為があったという。イベントには多数のファンが詰めかけ、ライブは盛況となった。メンバーの穴井は「すごく楽しかったです! 皆さんから私たちへの熱い想い、応援は届きました」と喜んだが、続けて「でももう少しマナーを守ってほしいです。もしケガをする方がいると悲しいです」と苦言を呈した。具体的にどのような行為があったのか、詳細は明かしていないが、村重もGoogle+で同じく一部ファンに苦言を呈すとともに、「テンションが上がってつい興奮してしまう気持ちもすごく分かります。でも、イベントはみんなで作るものです。スタッフさんも柵が壊れないように必死で押さえてました。せっかくの楽しいイベントなのに見てて本当に悲しくなりました」とつづっており、盛り上がった一部ファンによる行き過ぎた行為があったようだ。

 こうしたイベントの状況をメンバーから伝え聞いた指原莉乃も、自身は同イベントには不参加だったため「状況のわかんない指原が話すことじゃないのでなんともいえないけど」と前置きした上で、「ダレもけががなくてよかったー」と、事故が起きなかったことに安堵するとともに、「ぎゅーぎゅーになるのが楽しい、醍醐味のライブもきっとあると思うし、難しいですよね。。ただ女性や小さなお子さんがいると話しが違ってきますしね…怪我なく楽しいのが一番ですね!」と呼びかけた。

 なお、HKT48のイベントをめぐっては、これまでも一部ファンによるマナー違反が指摘されており、昨年末にも村重や宮脇咲良などがGoogle+上で苦言を呈していた。
《花》

関連ニュース

特集

page top