「このままだと一生さよならするときが来てしまう」……SKE48秦佐和子、卒業決意した理由 | RBB TODAY

「このままだと一生さよならするときが来てしまう」……SKE48秦佐和子、卒業決意した理由

エンタメ ブログ

 アイドルグループ・SKE48から3月いっぱいで卒業することを発表したメンバーの秦佐和子が7日深夜にブログを更新し、卒業を決意した経緯などについて明かしている。

 7日に名古屋で行われた劇場公演中に卒業を発表した秦。卒業理由については「4月から改めて声優の勉強をするために学校に通い、そちらに専念しようと思いました」と明かしていた。

 同日深夜に更新したブログでも、ファンに向けて再度、卒業を報告。「卒業のことは2月からずっとお話をしていたのですが、簡単に決められることもでもなく、結果的にこんなに日数が少なくなってからの発表となってしまい、申し訳ありません」と、急な日程での報告になったことを謝罪するとともに、「きっかけらしい何かがあったわけではないのですが、今想えばいつからか自分の中では決め始めていたのかもしれないと、今想い返せばそんな気がします。いつかは卒業しなければならないのだとは想っていました」と、以前から漠然と卒業を考えていたことを明かした。

 かねて声優を志望していた秦。今回、卒業を決めた理由は「4月から声優の学校へ通うため」とのことだが、一度はSKE48に所属しながら声優との両立も考えたという。しかし、アニメ「AKB0048」などで声優の仕事を経験するうちに、「自分の力不足、今のままでは声優になんてとてもなれないという現実」に直面し、「漠然とこのままだと、数年後には皆さんと一生さよならするときが来てしまうな」と思うようになったという。そして、「持っていない才能の分をもう一度一から勉強し直して、改めて声優の道を目指すことを決めました」と、決断した経緯を明かしている。
《花》

関連ニュース

特集

page top