“AKB48峯岸モノマネ”の八幡かおる、ブログ炎上もマニアックな新ネタに絶賛の嵐 | RBB TODAY

“AKB48峯岸モノマネ”の八幡かおる、ブログ炎上もマニアックな新ネタに絶賛の嵐

エンタメ ブログ

 アイドルグループ・AKB48の峯岸みなみのモノマネなどで知られるお笑いタレントの八幡かおるが、先日出演したバラエティ番組で披露した峯岸モノマネがきっかけで自身のブログが“炎上”し反省の言葉をつづったが、“新ネタ”については絶賛の声が多数寄せられている。

 18日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、元AKB48の前田敦子などのモノマネでブレイク中のキンタロー。とともに出演した八幡。番組冒頭ではメインゲストのキンタロー。をサポートする形で得意の峯岸のモノマネを披露していたが、途中から出演者たちに別のモノマネを求められ、八幡は女優の浅丘ルリ子や、「サザエさん」のマスオ、音楽ユニット・YMOの細野晴臣、女優の樹木希林といった、少々マニアックなモノマネを披露した。

 それらのモノマネの完成度は、お世辞にも高いと言えるものではなかったが、YMOの名曲「ライディーン」のメロディにのせて「わたしが~細野晴臣だぁ~」と歌ってみたり、樹木希林のモノマネで「黒豚しゃぶしゃぶ……なんかイヤラシイわね」とのセリフを喋るなど、ネタのチョイスから切り口まで斬新かつ独特な世界観を持った八幡のモノマネは出演者たちの“ツボ”を見事に刺激し、爆笑をさらった。

 以前にもテレビ番組で披露した峯岸のモノマネがきっかけでAKBファンから大ブーイングを浴びる騒ぎとなったことがある八幡だが、今回の放送終了後にも、ブログのコメント欄には1600件を超えるコメントが寄せられる“炎上”騒ぎに。しかし、批判的なコメントはやはり、峯岸のモノマネに対するものばかりで、今回披露した新ネタについては「めっちゃ面白かったです」「ひさびさにテレビで腹かかえて笑いましたー!」と絶賛する声が大多数を占めた。

 八幡自身は、同番組で披露したモノマネについて「もうちょっと似てると思ってたんだけど、全然似てなくてビビりました…」と、反省の言葉をつづっているが、同業のお笑い芸人をはじめ、多くの視聴者のハートをつかんだようだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top