“逮捕説”もあったグラドル多田あさみ、2ヵ月ぶりにブログ更新で「事実無根」と否定 | RBB TODAY

“逮捕説”もあったグラドル多田あさみ、2ヵ月ぶりにブログ更新で「事実無根」と否定

エンタメ ブログ

 グラビアアイドルの多田あさみが約2ヵ月ぶりに自身のブログを更新。ネットなどで囁かれていた逮捕説などを「事実無根」と否定した。

 多田は「ご心配をおかけしました」と題する日記を18日夜に更新。「長らくの間、ブログ・ツイッター等なにも更新できず、ご心配をおかけしまして、すいませんでした」とまずはファンに対して謝罪した。

 多田は2月にあった六本木のガールズバー摘発に絡み、その店に在籍していたと掲示板などで話題となり、経営者とともに逮捕されたなどとも書き込まれていた。それ以来ブログ、Twitterなどを更新せず、その真偽が取りざたされていた。

 ブログではこの事件にも触れ、「発端となった世間をお騒がせした件に関しましては、追って事務所等の方から発表があると思いますので、私個人としての見解を発する事は控えさせて頂きます」としたうえで、自身に関しては「逮捕された・自殺した・拘置所入った・AVデビュー・ヘアヌードデビューなど様々な憶測が流れまくっておりましたが、幸いにもいずれも事実無根」と全面否定した。

 ただこの2ヵ月は彼女にとって「針の筵(むしろ)」(本人)のような生活だったといい、「今回のことで、世間様といいますか、様々な『人』(親類や仕事関係者、ファンの人も)の裏の裏の部分まで知りまして、自分という『人』を、制作に関わる『人』を介して、応援してくれるファンの『人』の前に出る芸能界と言う場所が少し怖くもなりました」と記している。“人”という字を繰り返し書くほど、人間関係に不信感をもち、それがいまだに拭えない様子が伺える。

 気になる今後に関しても、「とりあえずブログを更新できる状態にはなりましたが、復帰と言うには近からず遠からずな状態ですので、一度、ここを分岐点としてゆっくり考えていこうかなと思っております」とし、「自分として納得のできる形をゴールとするか、リスタートとするか、決めていきたいと思います」と引退も含めて検討中であることを明かした。

 救いはファンからの慰めのコメントだったと言い、「厳しい言葉を受け止め続ける日々の中、大きな救いとなりました」「応援しつづけてくれた皆さん、ありがとうございました」と感謝の意を表した。そして「この2ヵ月を一言にしますと、『好奇心は人を殺せる』と、なかなか経験できないような心境になる日々でありました。良いか悪いかは別として、人生経験としては大きなものとなったかな、と」と総括している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top