NEC、ノートPC「LaVie」2011年秋冬モデル……地デジ3波搭載AVノートやネットブックなど | RBB TODAY

NEC、ノートPC「LaVie」2011年秋冬モデル……地デジ3波搭載AVノートやネットブックなど

IT・デジタル ノートPC

「LL770/ES」
  • 「LL770/ES」
  • 「ピークシフト設定ツール」のイメージ
  • 「LL750/FS」4色カラバリ
  • 「LL750/FS」4色カラバリ天板
  • 「LS550/FS」「LS350/FS」「LS170/FS」「LS150/FS」4色カラバリ(「LS170/FS」は2色)
  • 「LS550/FS」「LS350/FS」「LS170/FS」「LS150/FS」4色カラバリ天板(「LS170/FS」は2色)
  • 「LE150/F1」「LE150/F2」3色カラバリ
  • 「LE150/F1」「LE150/F2」3色カラバリ天板
 NECパーソナルコンピュータは12日、ノートPC「LaVie」の2011年秋冬モデルを発表した。「LaVie L/S/E/M」とネットブック「LaVie Light」の計5シリーズから11モデルをラインアップする。販売開始は15日。価格はオープン。

 新ラインアップの強化ポイントとして、全シリーズで「ピークシフト設定ツール」をプリインストールし、従来からの「ECOボタン」や「ECOみえグラフ」と併用することで節電対応をサポート。光学ドライブのBlu-rayディスクに大容量のBDXL対応モデルも用意し、Core i7や8GBメモリの搭載モデルを拡大した。

 「LaVie L」「LaVie S」の一部では液晶ディスプレイに、2011年夏モデルとの比較で消費電力は変わらず画面が25%明るい「スーパーシャインビューLED-EX2」を新採用。「ワイヤレスTVデジタル」をエントリーノートにも拡充し、「LaVie S」の一部でも搭載した。

 「LaVie M」はCPUをインテルの第2世代Coreプロセッサーとし、バッテリ駆動時間は夏モデルの約10時間から約12.8時間に強化。一部はBlu-rayディスクドライブを搭載し、市販のBlu-rayタイトルを携帯機器に持ち出せる「e-move」にも対応する。

 さらにAV機能を強化し、録画番組をホームネットワーク経由でHDD(DTCP-IP対応NAS)に保存できる「ホームネットダビング」を追加。ワンクリックで録画番組を携帯電話で外に持ち出せる「外でもVIDEO」機能ではAndroid携帯や3D携帯にも対応機種を拡大した。

■15.6型液晶ノートPC「LaVie L」シリーズ2モデル

 地上・BS・110度CSデジタルの3波テレビチューナー搭載(ワイヤレスTVデジタル)/3D対応「LL770/FS」と同非搭載/非対応「LL750/FS」の2モデルをラインアップする。参考価格は、「LL770/FS」が210,000円前後、「LL750/FS」が175,000円前後。

 「LL770/FS」は、ディスプレイが解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応したスーパーシャインビューLEDの15.6型液晶で、偏光板方式の3Dに対応。無線LANは802.11a/b/g/n、テレビ操作用無線リモコンを付属、バッテリの連続駆動時間が約1.8時間。

 「LL750/FS」は、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応した新スーパーシャインビューLED-EX2の15.6型液晶。無線LANは802.11b/g/n、バッテリの連続駆動時間が約2時間。

 その他は同様で、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版 (SP1)、CPUが4コアのCore i7-2670QM(2.2GHz)、メモリが8GB(4GB×2)、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがBDXL対応のBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)、YAMAHA製2W×2ステレオスピーカーを内蔵、インターフェースがHDMI/USB3.0×2/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど。

 本体カラーはクリスタルブラウン/クリスタルレッド/クリスタルホワイト/クリスタルブラックの4色を用意(「LL770/FS」はクリスタルブラックのみ)。本体サイズは幅377.4×高さ38.7×奥行き265mm、重さは約2.9kg。Microsoft Office Home and Business 2010付き。

■15.6型液晶スリムノートPC「LaVie S」シリーズ4モデル

 仕様違いで「LS550/FS」「LS350/FS」「LS170/FS」「LS150/FS」の4モデルをラインアップする。「LS170/FS」は地上・BS・110度CSデジタルの3波テレビチューナー搭載モデル(ワイヤレスTVデジタル)。参考価格は、「LS550/FS」が155,000円前後、「LS350/FS」が135,000円前後、「LS170/FS」が135,000円前後、「LS150/FS」が105,000円前後。

 「LS550/FS」は、CPUがデュアルコアのCore i5-2430M(2.4GHz)、メモリが4GB(4GB×1)、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応した新スーパーシャインビューLED-EX2の15.6型液晶、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがBDXL対応のBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)、無線LANが802.11b/g/n、インターフェースがHDMI/USB3.0/USB2.0×2/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど、バッテリの連続駆動時間が約2.8時間、本体カラーがルミナスレッド/シャンパンゴールド/エクストラホワイト/スターリーブラックの4色。

 「LS350/FS」は、CPUがデュアルコアのCore i3-2330M(2.2GHz)、メモリが4GB(4GB×1)、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応したスーパーシャインビューLEDの15.6型液晶、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがBDXL対応のBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)、無線LANが802.11b/g/n、インターフェースがHDMI/USB3.0/USB2.0×2/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど、バッテリの連続駆動時間が約3時間、本体カラーがルミナスレッド/シャンパンゴールド/エクストラホワイト/スターリーブラックの4色。

 「LS170/FS」は、CPUがデュアルコアのPentium B950(2.1GHz)、メモリが4GB(2GB×2)、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応したスーパーシャインビューLEDの15.6型液晶、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)、無線LANが802.11a/b/g/n、インターフェースがHDMI/USB3.0/USB2.0×2/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど、バッテリの連続駆動時間が約2.8時間、本体カラーがエクストラホワイト/スターリーブラックの2色。

 「LS150/FS」は、CPUがデュアルコアのPentium B950(2.1GHz)、メモリが4GB(4GB×1)、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応したスーパーシャインビューLEDの15.6型液晶、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)、無線LANが802.11b/g/n、インターフェースがHDMI/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど、バッテリの連続駆動時間が約2.8時間、本体カラーがルミナスレッド/シャンパンゴールド/エクストラホワイト/スターリーブラックの4色。

 その他は同様で、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版 (SP1)、1W×2ステレオスピーカーを内蔵。本体サイズは幅372×高さ34.8×奥行き248mm、重さは約2.4kg。Microsoft Office Home and Business 2010付き。

■14型液晶エントリーノートPC「LaVie E」シリーズ2モデル

 Microsoft Office Personal 2010付き「LE150/F」とMicrosoft Office Home and Business 2010付き「LE150/F12」の2モデルをラインアップ。参考価格は、「LE150/F」が90,000円前後、「LE150/F12」が87,000円前後。初心者でもPCの操作方法などを動画でわかりやすく学べる学習ソフトを搭載する。

 その他の仕様は共通で、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応したスーパーシャインビューLEDの14型液晶、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版 (SP1)、CPUがデュアルコアのCeleron B800(1.5GHz)、メモリが2GB(2GB×1)、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)、無線LANが802.11b/g/n、インターフェースがUSB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど、1W×2ステレオスピーカーを内蔵、バッテリの連続駆動時間が約2.8時間。本体サイズは幅342×高さ35.4×奥行き245.1mm、重さは約2.1kg。

■超低電圧版のCULV CPU採用の13.3型液晶モバイルノートPC「LaVie S」シリーズ2モデル

 仕様違いで「LM750/FS」「LM550/FS」の2モデルをラインアップする。参考価格は、「LM750/FS」が150,000円前後、「LM550/FS」が125,000円前後。

 「LM750/FS」は、CPUがデュアルコアのCore i7-2637M(1.7GHz)、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)、本体の重さが約1.9kg。

 「LM550/FS」は、CPUがデュアルコアのCore i3-2357M(1.3GHz)、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)、本体の重さが約1.87kg。

 その他の仕様は共通で、ディスプレイが解像度1,366×768ピクセルのHDに対応したスーパーシャインビューLEDの13.3型液晶、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版 (SP1)、メモリが4GB(2GB×2)、無線LANが802.11b/g/n、インターフェースがHDMI/USB3.0×2/USB2.0/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードスロットなど、1W×2ステレオスピーカーを内蔵、バッテリの連続駆動時間が約12.8時間。本体カラーはブレイズレッド/フラッシュホワイト/コスモブラックの3色。本体サイズは幅330×高さ30.5×奥行き223mm、重さは約1.9kg。

■10.1型液晶ネットブック「LaVie Light」シリーズ1モデル

 解像度1,366×768ピクセルのHDに対応したスーパーシャインビューLEDの10.1型液晶ディスプレイと、デュアルコアのAtom N570(1.66GHz)を搭載したネットブック。「BL350/FW」の1モデルをラインアップする。参考価格は55,000円前後。

 おもな特長として、2台目のPCとして利用できるように「USB Duet」に対応。他のPCとUSBケーブルでつなぐことでデータ交換が行なえるほか、他のPCの光学ドライブを共有できる。また、データの同期・共有が可能なオンラインストレージ「FlyFolder」(別途利用料金が必要)を利用することができる。

 さらに、PCを遠隔利用で楽しめる「Luiリモートスクリーン機能」を搭載。「BL350/FW」を子機、自宅・職場等のPCを親機とし、ネットワーク経由により「BL350/FW」で親機のPCを操作することが可能となっている。

 メモリは1GB(1GB×1)、ストレージは250GB HDD、インターフェースはUSB2.0×4(うち1つはMini-B 5ピンでUSB Duet専用)/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/カードリーダーなど。1W×2のスピーカーを内蔵。標準バッテリ(M)連続駆動時間は約4.8時間。本体カラーはプラバーレッド/プラバーホワイト/プラバーブラックの3色。本体サイズは幅253×高さ25.7~27.7×奥行き182mm(突起部除く)、重さは約1.06kg。Microsoft Office Personal 2010付き。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top