インテル、デスクトップPC向け初の8コアプロセッサ「i7-5960X」発表 | RBB TODAY

インテル、デスクトップPC向け初の8コアプロセッサ「i7-5960X」発表

エンタープライズ ハードウェア

「インテルCore i7-5960Xプロセッサー エクストリーム・エディション」外観
  • 「インテルCore i7-5960Xプロセッサー エクストリーム・エディション」外観
  • 「i7-5960X」仕様紹介ページ
  • X99チップセット構成図
 インテルは1日、デスクトップPC向けとして、同社初となる8コア搭載のプロセッサー「インテルCore i7-5960Xプロセッサー エクストリーム・エディション(コードネーム:Haswell-E)」を発表した。

 「Core i7-5960X」は、インテル初となる16スレッド同時実行、新しいDDR4メモリに対応した製品。パソコン上級者やゲーム愛好家、コンテンツ制作者の利用を想定している。新製品「インテルX99チップセット」やオーバークロック機能を組み合わせることで、最大性能を発揮できるとのこと。インテルX99チップセットを搭載した新しいプラットフォームの多くは、Thunderbolt Readyとなっており、Thunderbolt2拡張カードを装着することにより、同システムで最大20Gbpsの高速アクセスが可能となる。

 インテル コーポレーションPCクライアント事業本部 副社長 兼 デスクトップ・クライアント・プラットフォーム事業部長のリサ・グラフ氏は「今年前半に示した“デスクトップPCの再発明”での新たな局面を発表できることを嬉しく思います。このプロセッサー・ファミリーは、誰よりも速いシステムを求めるパソコン上級者のニーズに応える動作周波数、コア数、オーバークロック機能、そしてプラットフォーム機能を提供します」とのコメントを寄せている。

 新しいインテルCore i7プロセッサー・ファミリーは、インテルCore i7-5960Xプロセッサーエクストリーム・エディションを含め、6コアと8コアの展開で3モデルが提供される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top