日本マイクロソフト、最廉価「Surface Pro 3」Core i3モデルの発売を延期 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、最廉価「Surface Pro 3」Core i3モデルの発売を延期

IT・デジタル モバイル

最廉価のCore i3モデルが秋以降の発売となった「Surface Pro 3」
  • 最廉価のCore i3モデルが秋以降の発売となった「Surface Pro 3」
  • 「Surface Pro 3」背面
 日本マイクロソフトは30日、Windowsタブレット「Surface Pro 3」のCore i3モデルについて、発売を秋以降に延期すると発表した。8月に発売とアナウンスされていた。

 「Surface Pro 3」は、12インチ、2,160×1,440ピクセルの高精細ディスプレイを搭載したWindowsタブレット。プロセッサはCore i3/i5/i7モデルが用意され、Core i3モデル以外は7月17日から発売になっていた。Core i3モデルの発売時期に関しては、改めてアナウンスするとしている。

 同機はプロセッサの他にもメモリは4GB/8GB、ストレージは64GB/128GB/256GB/512GB SSDが用意され、ユーザーによるカスタムが可能。Core i3モデルは最廉価なモデルとなっている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top