IIJ、国内で初めてLive Smooth Streaming技術を用いたHDライブ配信を「ReMIX Tokyo 09」で実施 | RBB TODAY

IIJ、国内で初めてLive Smooth Streaming技術を用いたHDライブ配信を「ReMIX Tokyo 09」で実施

エンタープライズ その他

「ReMIX Tokyo 09」サイト (画像)
  • 「ReMIX Tokyo 09」サイト (画像)
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8日、マイクロソフトの「Live Smooth Streaming」を利用し、「ReMIX Tokyo 09」のキーノート講演を高画質(HD)ライブ中継すると発表した。

 マイクロソフトの技術協力を得て動画配信システムを構築し、ライブ中継を行う。なおLive Smooth Streamingによる高画質ライブ映像の配信は、日本国内では初めての試みとのこと。ライブ中継は16日10〜12時に行われ、REMIX特設サイトにて配信される。「ReMIX Tokyo 09」は、マイクロソフト主催による、ソフトウェアおよびWebサービスにおけるユーザー エクスペリエンスの向上を目指すイベント。7月16日10〜19時に東京ミッドタウンホールにて開催の予定だ。

 Live Smooth Streamingは、マイクロソフトのWebサーバソフトウェアIIS 7の拡張機能であるSmooth Streamingの動画配信技術を、ライブ中継用に応用した技術。Smooth Streamingでは、視聴者のクライアント環境(接続帯域やCPU性能など)に応じて映像品質を自動調整して配信を行うため、常に最適化された品質で動画を再生できる。視聴者のWebブラウザにMicrosoft Silverlightを組み込むことにより、従来のライブ配信では不可能だった「見逃し再生」が可能で、視聴者は、ライブ配信中にいつでも、もう一度見たいシーンに巻き戻して再生することや、ライブ中継に遅れて参加した場合にも初めからすべての内容を視聴できる「追っかけ再生」が可能となる。なお、中継映像のエンコーディングには、米国Inlet Technologiesの協力により、最新のHDライブエンコーダSpinnaker 7000が使用されているとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top